人気タレント デビュー秘話

芸能ニュース 2008年07月08日 15時00分

人気タレント デビュー秘話

 毎日のように、テレビ、雑誌などで姿を見かける売れっ子タレントたちも最初は無名だった。今回は有名タレントたちのデビューにまつわる秘話を集めてみた。

 主演ドラマ「太陽と海の教室」(フジテレビ)が21日にスタートする織田裕二。19歳のときに映画「湘南爆走族」で準主役デビュー。
 オーディション時、審査員に言われた通り、演技をしようとする織田を、相手役の男性がいきなり突き飛ばした。ケンカのシーンではなかったが、手を出された織田は「ふざけてんじゃねーぞ」と思わずやり返してしまった。これが迫真の演技として評価され、8万人の中から選ばれ、デビューすることに。
 織田と犬猿の仲といわれる柳葉敏郎にもデビュー時のエピソードがある。当時、一世風靡セピアのメンバーとして活動していた柳葉が、路上からテレビへと飛び出すきっかけになったのが1983年スタートの「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」。番組のキャスティングに“強運”を重視する萩本欽一は、番組主演者オーディションの最終選考に残った10人を突然、自宅へ帰した。1時間後に家に電話をして、繋がった人を合格にしようと考えたのだ。
 そして唯一、電話に出たのが柳葉だった。柳葉はこれでレギュラーの座をつかみ、テレビの人気者となった。
 グラビアアイドルの夏川純のデビューは、漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」のグラビア。ヤンジャンは人気グラドルへの登竜門で、掲載までの道のりはかなり険しい。
 グラドルにあこがれていた夏川は、ヤンジャンに載っていた“ファンレターのあて先”に誤って履歴書を送ってしまったのだが、それが担当者の目に留まり、念願のデビューを果たしたという。
 現在、吉本興業の若手芸人のほとんどが養成所である「NSC(吉本総合芸能学院)」を経てデビューする。NSCに入学する際、簡単な面接があるのだが、NSC史上初めて試験に落ちた男がいる。お笑いコンビ・千鳥の大悟だ。
 面接中、彼はNSCの面接官にキレ、「お前らよりわしの方がおもしろい」と言い放ち、「帰れ」といわれても素直に帰らなかったため、落ちてしまったのだとか。ちなみに、千鳥は後に吉本興業のオーディションを受けて合格、デビューにこぎつけている。
 こうやってみると、やはり売れる人は、当然、努力もしているだろうが、強運も持ち合わせているようだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る