不祥事によって解散したコンビ

お笑い 2015年01月21日 15時30分

 山本圭壱が逆境のなか復帰して、加藤浩次との極楽とんぼ復活が望まれる。振り返れば、芸人の歴史には、相方の不祥事によって、活動停止→解散に追い込まれるケースが稀にある。その一部を挙げると…。

 昨年、その苦労が報われたのは、アキナ。大阪よしもとに所属する秋山賢太と山名文和によるコンビだ。全国知名度はないに等しいが、昨年10月には『キングオブコント2014』の決勝戦に進出。そのわずか2か月後の12月には、『THE MANZAI 2014』でも決勝舞台を踏み、コント・漫才とも腕があることを実証した。

 このふたり、12年10月までは、藤本聖を加えたトリオ芸人・ソーセージだった。ところが、藤本が元交際相手に暴行を加えて、傷害容疑で逮捕。自主脱退した。その後、アキナと名を改めてふたりで再スタートを切ると、メジャーコンテストで好実績を残した。ちなみに、藤本もその後、同期のピン芸人・井尻貫太郎と新コンビ・ジュリエッタを組み、同じく再スタートしている。

 90年代に沸き起こった“ボキャブラブーム”の終焉後、憂き目に遭いつづけたのは、ピン芸人の松丘慎吾。最近では、女芸人・赤プルのダンナとして、さらに、東京・浅草で経営している「浅草甘栗MJ店」の店長としてのテレビ出演がおもだ。

 松丘は悲運の芸人だ。90年代に、同級生の林伸行を誘って、坂道コロコロを結成。のちに、坂道コロンブスに改名したが、直後に林が強制猥褻容疑により逮捕。コンビは解散した。所属事務所も離れたあと、村田渚と鼻エンジンを結成。ネタのクオリティは、業界内外で高く評価されたが、コンビを組んだ翌06年、村田がクモ膜下出血で急逝。悲しみが癒えた08年、ヤマザキモータースとくらげライダーを結成するも、昨年解散。ホリプロコム、ソニー、太田プロなどを渡り歩く結果となった。

 昭和芸人の代表といえる、横山やすし・西川きよしも、やすしの度重なる暴力、飲酒、病状悪化、借金、ギャンブルなどが仇となって、事務所を解雇。コンビ解散に追い込まれている。

 「チッチキチー」でおなじみの、大木こだま・ひびき。彼らは元、大木こだま・ひかりだった。しかし、ひかりが薬物疑惑、暴力団との関係などが原因となって、解散。80年代初頭、ひびきが相方に変わり、のちに上方漫才師の代表芸人となった。

 「女は芸の肥やし」が、通用しない今。今年は、芸人のスキャンダルが噴出しないことを願うばかりだ。(伊藤由華)

ピックアップ

「Youは何しにマウンドへ?」トレンド1位をかっさらった日本ハム・トンキンの5球
2018年10月16日 17時15分 [スポーツ]

お笑い新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る