search
とじる
トップ > 社会 > エロすぎる都議候補・後藤麻衣が都庁パンチラジョギング遊説

エロすぎる都議候補・後藤麻衣が都庁パンチラジョギング遊説

 12日投開票の東京都議選は選挙戦終盤を迎え、各政党幹部が応援演説に走り回るなどラストスパートの攻防が激しさを増している。そんな中、新宿区から立候補しているイメージビデオ女優の“エロすぎる都議候補”後藤麻衣氏(36=無所属)は9日、都庁前でパンチラを織り交ぜながらジョギング遊説した。組織戦を仕掛けられない無所属候補は、ゲリラ戦を展開するしかない!?

 後藤氏は公約に五輪招致を掲げている。都庁職員の昼休みを狙った演説では「五輪招致でこの不景気を一回リセットして、経済の発展をどんどん進めてもらいたい。その思いが伝わるようマラソンします。頑張って走りまーす!」と訴えた。職員はポカンとしていた。
 ジョギングはかなりのハイペースだった。小・中学時代は陸上選手。出馬を決める前まではスタイル維持のため連日スポーツクラブで5〜6キロ走っていたから、足には自信があるという。
 追走する報道陣を置き去りにし、庁舎まわりを1周する予定を2周。ひざ上約20センチの超ミニスカユニホームからは時折チラッと白いモノがのぞいた。何度もお尻に手をやり、パンツの食い込みを直しながら完走した。

 走り終えたところで第2ゲリラ作戦に着手。
 後藤氏陣営は、石原知事に2016年東京五輪を何としても実現してくれるよう、候補自ら都庁に乗り込んで直談判するプランを秘めていた。ところが、アポなし突撃だったため当然のように不発。知事不在で伝言すら拒否され、総合受付段階で門前払いされた。「都庁にいらしたら直接お願いしたかったが、約束していないのでしょうがない。みんながオリンピック実現を願っています」と報道陣を通じて呼びかけるにとどまった。
 同陣営によると、事前に都選挙管理委員会からOKをもらっているプランで、知事と会えないことは想定の範囲内だったようだ。
 後藤氏は日の丸カラーを選挙ポスターに採用しており、「知事のファン」と明言している。
 きわどいユニホームは2日前にスポーツ用品店で上下セット約6000円で購入。純粋無所属を表す白を選んだ。試着したときはぴったりだったが、走ってみるとお尻のあたりが「ちょっときつかった」という。
 お尻に食い込んだのは何だったのか? 後藤氏は選挙カーのなかで「ショートパンツ!」とミニスカをまくってみせた。下着ではなくスポーツ系のセーフなヤツというアピール。想定外の食い込みに悩まされたジョギング遊説をステップに、今度は当選枠に食い込んで一泡吹かせたいところだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


社会→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ