巨人・坂本勇人、13年目のキャリアハイ 三冠王も夢ではない?

スポーツ 2019年08月24日 06時30分

巨人・坂本勇人、13年目のキャリアハイ 三冠王も夢ではない?坂本勇人

 今季は目下、首位をひた走る巨人の主軸として打棒を振るっている坂本勇人。開幕から好調な打撃を維持し、夏場を迎えた現在でも、打撃3部門では何れも上位に位置し、自身3年振りの個人タイトル獲得も視野に捉えている。巨人のペナント奪還へ向けての最重要キーマンであることは間違いなく、さらには夢の3冠王さえ予感させる勢いだ。

 今季は8月に入り、早々に本塁打を30本の大台に乗せた。今まで以上にフルスイングを心掛けていると言い、「練習から強く遠くに飛ばすことを意識している」というスタンスがまさに結果に表れている。これまでは、中距離打者のイメージが強かった巨人の背番号6は、見事なまでに「和製大砲」へと変貌を遂げた。

 もう一つ、トップを争う打点でも80を記録、ヤクルトの主砲・村上宗隆らとしのぎを削っており、得点圏打率が3割3分を超えるという勝負強さも目立つ。自身の記録を本塁打はすでに更新、打点も塗り替えるのは時間の問題か(何れも2010年に記録、31本・85打点)。プロ生活13年目でのキャリアハイは見事としか言いようがない。

 また、打率も3割をキープしており、トップ10内に着けている。首位を行く広島の鈴木誠也にやや差を付けられているものの、坂本自身も3年前に首位打者を獲得しており、長打と共にヒットメーカーとしての才能は言うまでもなく、秋までに首位の座を手繰り寄せる可能性も少なくはない。

 坂本の活躍を後押ししているのは、今季より加わった丸佳浩の存在も忘れてはならないだろう。こちらも開幕から好調である中、シーズンを通して打順では坂本の後を打つことが多い。長打力を備える丸が後ろにいることで、投手は坂本に対し神経質にならざるを得ない。また、坂本が4番に座った際には、丸がその前と、二人が常に並ぶ打線は脅威となり、どの場面でも投手に対し、これ以上ない程の重圧を与え続けている。

 打撃だけでなく、守備でも球界屈指の遊撃手としてもチームを支え、攻守で計り知れない存在感を発揮しており、主将としての頼もしさも誰もが認めるところ。そして今シーズン、チームの5年振りの優勝とともに、坂本個人でも新たな勲章を手にする姿を多くのファンが心待ちにしている。夢のトリプルクラウン、2リーグ制移行後では、セリーグ初となる右打者での三冠王。坂本勇人は今、最も近い位置にいる。

(佐藤文孝)

ピックアップ
スポーツ新着記事

レジェンド上野由岐子が復活 若手の心を掴んだすべらない話
2019年09月20日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る