春香クリスティーンからトラウデン直美へ、芸能界の「政権交代」か

芸能ネタ 2017年11月30日 12時29分

春香クリスティーンからトラウデン直美へ、芸能界の「政権交代」かトラウデン直美 Instagramより

 『CanCam』(小学館)の専属モデルとして知られるトラウデン直美の、慶應義塾大学合格が話題だ。法学部政治学科に、小論文や面接が重視されるFIT入試(B方式)で合格した。

 トラウデンはドイツ人の父と、日本人の母を持つハーフモデル。NHKの国会中継をよく見る“政治好き”を公言している。この経歴、誰かに似ていないだろうか。

「先ごろ、来年3月末での無期限の芸能活動休止を発表した春香クリスティーンですね。父親が日本人、母親がドイツ系スイス人のハーフタレントであり、上智大学にも在学していたインテリタレントです。政治オタクを公言し、実際にコメンテーターとしても活躍していました。プロフィールも似ているので、春香に代わるポジションとして、彼女が起用される可能性は高そうですね」(放送作家)

 芸能界の指定席は少ない。特に排除されやすいのが、“キャラかぶり”である。同じ番組には似たような人間は必要ないのだ。

「お笑い芸人の狩野英孝は、2017年1月に未成年女性との交際が報道され、芸能活動を自粛しました。半年後の6月1日に謹慎解除が発表されるも、現在はほとんどテレビ出演がありません。“天然ボケも入ったいじられキャラ”のポジションは、ANZEN漫才のみやぞんに見事に奪われてしまいましたね。半年あまりの間に2度の事故を起こしたインパルスの堤下敦も、すっかりテレビからは消えてしまいました。かつて彼が座っていた、“元気のあるデブキャラツッコミ”のポジションはハライチの澤部佑が独占しています」(前出・同)

 春香クリスティーンに代わる「政治も語れる若くてきれいな女性タレント枠」は、トラウデン直美で決まりかもしれない。ただし、“ポスト春香クリスティーン”を目指す場合、政治への深い知識はもちろん、臨機応変なコメントを求められるバラエティ番組への対応力など、マルチな能力が求められるのも確かだろう。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

テニプリ作者、「自著プレゼント企画」が騒動に発展 当選者を巡ってネット上で物議
2018年08月17日 12時30分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る