競輪人国記 福井(3)

ノンジャンル 2009年03月31日 15時00分

 野原哲也(51期)が特別獲りを期待していたのが弟子の市田佳寿浩(76期)だ。競輪学校ではダントツの73勝で1位。新人リーグでも4場所優勝してA1格付けとなり、95年8月にデビューしてから2年で地元福井のS級戦を制している。

 GI初戦の平成9年の平塚オールスターでは(3)(2)と準決に勝ち上がり、同年の競輪祭新人王は(1)(2)(4)と決勝まで進出。平成10年のふるダビ弥彦では(4)(2)(1)(5)と準決で1着を奪取、「近畿期待の先行」と注目されたものだ。
 だが、抜歯した後に体調を崩して、せっかくの超一流の先行にかげりが見えた時期があった。それでも平成14年の岸和田全日本選抜で(3)(2)(2)(9)とカムバック。16年の函館サマーナイトフェスティバルでは、目標の稲垣裕之(京都)から佐藤友和(岩手)のまくりに切り替えて追い込み、(1)(1)で初のタイトルをとっている。

 近況は自在戦で近畿の先行番手での勝負も多いが、体調が完全なら先行もまくりも打てるはず。まだ33歳だけに、これからGI、GIIのタイトル狙いは十分に可能なはずだ。先行日本一といわれた村上義弘(京都)に負けずにGIを狙って欲しい。
 この市田、野原哲也の厳しい指導と、健康面の不安を解消すれば、中近ラインで番手は約束されているので、まずは勝ち数を伸ばしていくことだろう。
 福井には穴男がたくさんいる。まず鈴木一央(63期)。40歳のベテランだが、混戦まくりで穴ファンを喜ばせていた。現在はA級だがS級に戻れば、平成17年の松戸日本選手権での1万8910円のような大穴を出してくれるだろう。

ピックアップ
ノンジャンル新着記事

炎上ゆるキャラ『ちぃたん☆』が市から解任されるも人気はうなぎ上り
2019年01月17日 19時03分

【話題の1冊】 著者インタビュー 志駕晃 スマホを落としただけなのに囚われの殺人鬼 宝島社 650円(本体価格)
2019年01月17日 16時03分

〈目からウロコの健康術〉 1950年までは日本の死因の第1位 古くて新しい感染症「結核」に要注意!!
2019年01月17日 12時03分

箱根駅伝 5連覇逃した青学・原監督に政治家転向説
2019年01月17日 07時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る