search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 『ガキ使』ロケで大ケガ…佐野史郎が放送作家の“説明”に真っ向反論!

『ガキ使』ロケで大ケガ…佐野史郎が放送作家の“説明”に真っ向反論!

pic pic

提供:週刊実話

 今年の大みそかに放送予定の『ガキの使いやあらへんで!! 年末スペシャル(仮)』(日本テレビ系)のロケ中に、第三腰椎骨折の大ケガを負った俳優の佐野史郎が、番組の放送作家を務める高須光聖氏の発言を全面否定して話題になっている。

 コトの発端は、事故後に高須氏がラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)にゲスト出演した際、現場にはいなかったことを前提に、「実は佐野さんから『もっとこうしたい』『もっと思い切ってやりたい』となって――」などということをスタッフから聞いたという、当時の状況を説明したことだ。

 そのラジオを聞いていたツイッターユーザーが佐野のアカウントに確認のツイートを送ったところ、佐野は引用リツイートして《そんなこと、一言も言ってません》と否定。その後も連続でツイートし、
《ラジオを聴いていないので、何とも申し上げられませんが、スタッフの方から安全であることを確認した旨、うかがった上で挑戦した経緯です》
《安全であるということを信じた上ででしたが、「もっとこうしたい」と言った記憶はないなあ〜 「やるなら、やるしかないか」とは言ったかもしれません。VTRで確認してみましょう》
 などと、改めて否定をした。

 さらに佐野は、自身の公式サイトに見解を発表。最初に『アインシュタイン』稲田直樹が試したときは、とんでもない爆発だとは思ったが、吹っ飛んで、何事もなかったようではあったと当時の状況を思い返し、佐野が始める直前に稲田から「腰にきますよ!」とアドバイスは受けたが、そこで、「じゃ、やめた!」とは言えないと述懐した。実は現場で佐野の助手役を務めたケンドーコバヤシから「やめてもいい」と言われていたことも明かした。

 それでも自分でやると決め、事故が起きてしまったという。そして、
《「大丈夫、大丈夫、次のコーナー、やっちゃいましょう!」と、確かに僕が先導して、収録を再開したことは事実です》

 と振り返った。高須氏の発言については、
《現場にいらっしゃらなかったので、スタッフからそのように聞かされたならば、そのままラジオで発言なさるのは、まあ、流れの中で仕方がないことだとは思いますが、それでもね、僕が「やる」と言わなければこんな事故は起きなかったのに…というニュアンスには傷つきますが…》

 とつづり、最後に、
《自分以外の周りで起きていることをどう受け止めているか…を自覚するとき、ささやかな日常の中からも、今の世の中の実相が浮かび上がってくるのだなあ〜と思わされた》
 と締めた。

 高須氏の発言に、ネット上からは、
《番組制作スタッフとしてこういう中途半端な言い訳が一番視聴者に嫌がられて炎上しやすいと何で分からないのかな》
《これじゃケガをしたのは佐野さんの自業自得みたいになっちゃうよね。自分がその場にいなかったなら公に話すべきじゃないよ》
 などといった批判的な声が出ている。

 高須氏はラジオ番組に出演して以降、自身の公式サイトやSNSを更新せず、沈黙を守っている。次に表で発言するときは、果たしてこの件に触れるのだろうか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ