search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 「目標100万人」達成には“草なぎ超え”が必須 キンコン梶原、引退かけてYouTuberデビュー

「目標100万人」達成には“草なぎ超え”が必須 キンコン梶原、引退かけてYouTuberデビュー

pic pic

キングコング梶原雄太

 キングコング梶原雄太が10月1日にYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」をオープンした。2019年末までに登録者100万人を目標とし、達成できない場合は芸人を引退すると宣言した。これはかなり高いハードルといえる。人気YouTuberの登録者数を見て行くと、はじめしゃちょー(hajime)は約700万人、Hikakinは約662万人、ヒカル(Hikaru)が約275万人といった数字だ。

 「まったく無名の人間がYouTuberとなった場合、こまめな更新や動画のクオリティアップなどで、まずは1万人を目指します。その後、10万人になれば、YouTube更新のみで生活して行ける収入が得られるといわれていますね。ただ、このランクまでたどり着けるのはごく一握りです。それでも梶原さんは芸能人としての知名度があるので、何とかなるでしょう。しかし、その上の100万人クラスとなると、かなり難しいのではないでしょうか」(芸能ライター)

 ならば、既存の芸能人のYouTubeチャンネルでは、どれくらいの登録者がいるのだろうか。

 「芸能人でもっとも多い登録者といえば、『新しい地図』のプロジェクトの一環として、YouTubeチャンネルを開設した元SMAPの草なぎ剛で約83万人ですね。お笑い芸人でいえば、ロバート秋山で約40万人、ゴー☆ジャスが約35万人といったところですね。さらに、YouTuberに本格転向した元猿岩石の森脇和成が約6万5千人です。“なぞかけ”のねずっちにいたってはわずか8千人です。ねずっちは、ほかの業者に運営を任せたため3年間で事務所に入ってきたお金が5万円ほどだったそうです」(前出・同)

 こうして見ると梶原はかなり高い目標を掲げたとわかるだろう。今後の動きに引き続き注目したい。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ