search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ロンブー亮への加藤浩次の発言に「かばいすぎ」と疑問の声? 千原ジュニア『会見開くべき』には称賛

ロンブー亮への加藤浩次の発言に「かばいすぎ」と疑問の声? 千原ジュニア『会見開くべき』には称賛

pic pic

加藤浩次

 親しさの度合いでこうも違うのか。25日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が、反社会的勢力への闇営業で金銭受領をし、謹慎処分を受けたロンドンブーツ1号2号の田村亮に対しコメントしていたのだが、いつもの弁舌が振るっていなかったのである。

 一方、裏でオンエアされていた『ビビット』(TBS系)の千原ジュニアには、「ジュニアの方が随分マトモな事言ってるように聞こえる」「昨日からの芸人のコメントで一番厳しくて一番まともな意見」「グッときた」「同感」と称賛が集まっていた。その違いを見ていこう。

 「加藤は昨夜、亮本人から電話があったとしながら『なんでウソつくんだ?』『最初にすべて正直に言っていたらこんなことにならなかった可能性もある』『許されることじゃないだろ』と叱責したと言及。これに対し、亮は『ただただ自分の保身です』と謝っていたと振り返っていました。しかし、加藤の亮への批判はそこまでで、後は『吉本興業の初動ミス』と、怒りを会社側にぶつけていたのです」(芸能ライター)

 これに対して、ネットユーザーは加藤の“亮にキレているように見えてそれが実はポーズなのでは”と見抜いたようで、「後輩想いは分かった。 ただ、かばいすぎ」「擁護してる感が満載」「芸人の身内かばい気持ち悪い」「狂犬改めて、(吉本の)忠犬、加藤浩次」と、むしろ逆風にさらされる形となってしまう。

 一方、ジュニアのコメントは正反対の評価を受けた。ジュニアはまず、宴席の仲介役でもあったカラテカ入江慎也の解雇について、「反社会的勢力と数多くの芸人をつなげたということで解雇は当然」と明言する一方で、「1人の芸人がいわば自業自得ですけど死んだ(事務所から契約解除された)わけです。その時に先輩である(雨上がり決死隊宮迫博之と田村亮の)2人が矢面に立って質疑応答込みの記者会見を開くべきだった」と非難。

 さらに、「Twitterでとか、ラジオでとかで一方的にいうのは、先輩としていかがなものか」「すべてをさらけ出したほうが今後復帰する時のためにも良かったんじゃないか」、そして、「芸人が今喋らないでいつ喋んねんと思いますけど」など舌鋒鋭く話していたのだ。今回ばかりは、ジュニアに軍配が上がったようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ