未来への一歩となるか 日本相撲協会・八角理事長が臨時理事会に関する談話を発表

スポーツ 2018年05月02日 06時20分

未来への一歩となるか 日本相撲協会・八角理事長が臨時理事会に関する談話を発表画像はイメージです

 角界の伝統である“土俵上での女人禁制”に対し、批判が相次いでいる。4月28日に開かれた臨時理事会の後、日本相撲協会は八角理事長が発表した談話を同協会の公式サイトにアップした。

 談話では「(1)舞鶴市での不適切な対応について」、「(2)宝塚市長に土俵下からのあいさつをお願いしたことについて」、「(3)ちびっこ相撲で女子の参加のご遠慮をお願いしたことについて」の3点について言及した。

 (1)では舞鶴市長が土俵上で倒れ、周囲が救命措置にあたった際に「女性は土俵に上がらないで」と行司が注意したことについて言及。「大相撲は、女性を土俵に上げないことを伝統としてきましたが、緊急時、非常時は例外です。人の命にかかわる状況は例外中の例外です」と述べて謝罪した。

 (2)については、女性を土俵に上げない理由として「第一に相撲はもともと神事を起源としていること、第二に大相撲の伝統文化を守りたいこと、第三に大相撲の土俵は力士らにとっては男が上がる神聖な戦いの場、鍛錬の場であること」と改めて「土俵」を定義付けた。一方「この問題につきましては、私どもに時間を与えていただきたくお願い申し上げます」とも述べており、今後は外部からの意見も取り入れていく方針であることを示唆した。

 (3)のちびっこ相撲については、今年の春巡業で「子供がけがをしたとの訴え」が2件あったと報告。いったんちびっこ相撲そのものを休止するとした。今後については「けがをしない安全なちびっこ相撲を考えて、再開をめざします。合わせて、女子の参加についても再検討いたします」とのことだ。

 協会は談話を通し、謝罪しながらも協会の考えを示した。ネットでは「対応としては十分」、「腰を据えて取り組んでくれれば」と評価する声があった一方、「信用できない」、「どうせ口だけで何もしないんでしょ」と批判する声もまだまだ根強い。

 談話で言及した諸問題への対策が実行されるかも含め、まだまだ時間をかけて協会を見守っていく必要がありそうだ。

ピックアップ
スポーツ新着記事

巨人鈴木尚広コーチにDV疑惑 妻の顎を掴み振り回しツバをかける鬼畜行動にドン引きの声
2018年11月15日 18時20分

「FA=移籍」?過去10年間におけるFA選手の移籍率
2018年11月15日 17時45分

弟子たちにあっさり見限られた元貴乃花親方が好きな演歌の歌詞
2018年11月15日 17時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る