search
とじる
トップ > アイドル > キンキ剛が芸人のパワースポットになりつつある

キンキ剛が芸人のパワースポットになりつつある

pic pic

天竺鼠

 KinKi Kids・堂本剛といえば、ほかのジャニーズタレントと一線を画した音楽性や、子役俳優としての実績があり、オリジナリティあふれる道を独走している。そんな彼を振り返るうえで欠かせないのは、お笑いだ。奈良県出身で、物心がついたころから笑いの文化にふれていた。すでに児童劇団に所属していた小学生のとき、同級生とお笑いトリオ「水菜の煮たやつ」を結成。将来は一流俳優ではなく、お笑い芸人になろうと真剣に考えた時期があった。

 ジャニー喜多川社長は、1枚の写真を見ただけで、その少年の10年後が見えるという。剛もその審美眼を携えているようで、かつては売れる芸人を次々と当てていった。まだローカル芸人だった千鳥や野性爆弾、天竺鼠やシャンプーハット、尼神インターなどのブレイクを予兆している。

 尊敬するのは、ダウンタウン。松本人志がかつて、深夜バラエティ『一人ごっつ』(フジテレビ系)で、1人で大喜利に挑戦していたことを踏襲して、剛も12年に独演会『小喜利の私』をスタート。歌もダンスも演出もなく、笑いに特化する演芸会を、今でも開いている。さらに、14年には好きな関西芸人と関西をブラブラするローカル番組『堂本剛のやからね』(MBS)も開始。いずれも不定期だが、笑いにふれあうことで、その感性を腐らせないでいるのだ。

 同番組で剛が指名したのが、先の天竺鼠。以降、ボケの川原克己とはプライベートで親しくなり、川原が東京進出した昨年は、週5で会うほど。昨年の剛のソロライブには、川原から花束が届けられていた。いつか飲んでいる席で、川原がカッコいい言葉を口にしたことがある。後日、剛はそのまま、ある雑誌のインタビューで答え、「それ、俺のやつやぞぉ」と怒られている。

 その川原を通じて会ったのが、ななまがり・森下直人だ。それまでは全国ネットの番組に出たことがなかった森下だが、剛と会ったあと、『キングオブコント2016』のファイナリストに選ばれた。ちなみに、天竺鼠も同コンテストで、08年、09年、13年の3度、決勝戦に進出している。

 剛の大ファンなのは、トレンディエンジェル・斎藤司。ジャニーズタレントが好きすぎて、自身も学生時代、ジャニーズ事務所に履歴書を送ったほどだ。現在のように売れっ子になる前は、ジャニーズものまねでものまね特番に出演。タッキー&翼をパロディにした「オタッキー&司」、ジャニーズJr.全員が剛に扮する「堂本剛軍団」など、持ちネタは多い。

 剛と絡んだ芸人は必ず一度、表舞台で輝く。剛は芸人のパワースポットかもしれない。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ