search
とじる
トップ > 芸能ニュース > マツコ、「アベノミクス童貞」に“深刻な話” 根本的な問題を指摘し共感の声

マツコ、「アベノミクス童貞」に“深刻な話” 根本的な問題を指摘し共感の声

pic pic

マツコ・デラックス

 4月8日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、収入が低い男性ほど性体験の未経験率が高い『日刊ゲンダイ』(日刊現代)の記事が取り上げられた。東京大学の調査により、18歳から39歳の男女の未経験率が2015年には25.8%とおよそ4人に1人にまで上昇していると伝えられた。男性は非正規雇用、時短勤務、無職と、収入と立場が低くなるほど未経験率が上がるようだ。記事では、これは「格差拡大」にともなう「アベノミクス童貞」と論じている。

 MCのふかわりょうから話を振られたマツコ・デラックスは「これけっこう深刻な話だと思う。『アベノミクス童貞』なんて言い方するとギャグっぽくなっちゃうけど、結局、誰とも付き合ってないわけじゃない。若いころ付き合ったけど性交渉しなかったって場合もあるかもしれないけど、その先の結婚とか出生率とかに全部つながってくる話」と語った。これを受け、ネット上では「むしろ低所得者層の方がほかにやることないからやってるような気もするけど違うのか」「俺はアベノミクス童貞だわ」「昔は30歳まで童貞だと『魔法使い』になれるとか言っていたけど、そういうギャグレベルの話じゃないんだよな」といった声が聞かれた。

 さらに、マツコは続けて「やっぱり『結婚しろ。子供産め』ってバカみたいに政府は言ってるけど、このあたりを是正していかないと望んでいる形には絶対にならないと思うね」と語った。これにも、ネット上では「確かにマツコのいう通り深刻な問題かも」「女の晩婚化といい、全部金からみなのかね」「というか、マツコって女性経験はあるのか気になる」といった声が聞かれた。

 同番組では以前、「20代の若者の40%が童貞」トピックが取り上げられ、22歳の童貞スタッフがイジられ、マツコが「金やるから童貞捨てて来い!」とツッコミ笑いを誘う場面もあった。ただ、今回はシリアスな調子であり、数年でより事態は深刻なものになっているのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ