search
とじる
トップ > スポーツ > プレミア12、巨人・山口に大ブーイング 稲葉監督にも批判「学習能力ないのか」の声も起用を続けるワケ

プレミア12、巨人・山口に大ブーイング 稲葉監督にも批判「学習能力ないのか」の声も起用を続けるワケ

pic pic

稲葉篤紀監督

 11日に行われたプレミア12スーパーラウンド第1戦・日本対オーストラリア。「3-2」で日本が勝利したこの試合の先発・山口俊(巨人)の投球が、ネット上のプロ野球ファンの間で波紋を広げている。

 今シーズン「26試合・15勝4敗・防御率2.91」といった成績をマークし、最多勝(15勝)、最高勝率(.789)、最多奪三振(188個)のタイトルも獲得した山口。しかし、侍ジャパン招集後の先発登板では、大会前に行われた強化試合・対カナダ戦(先月31日)で「2回6失点」、大会オープニングラウンド第1戦・対ベネズエラ戦(5日)で「4回1失点」と2試合連続で失点を喫している。

 それだけに、今回のオーストラリア戦ではここまでに露呈した不安を払しょくするような投球が求められていたが、山口は3回表2死三塁からタイムリーを打たれ先制点を献上。続く4回表2死一塁の場面でもタイムリーツーベースを浴び2失点目を喫し、結局「4回2失点」で降板となってしまった。

 今回の登板で3試合連続失点となった山口に対し、ネット上のプロ野球ファンは、「山口が投げてなかったらもっと楽に勝てた気がする」、「3試合連続で失点して恥ずかしくないのか」、「点取られるのが当たり前になってる投手にはもう投げてほしくない」と大ブーイング。

 一方、中には「稲葉監督は頑張ってるけど、山口を重用する意図だけは分からない」、「3試合連続で同じことの繰り返し、山口も稲葉も学習能力がないのか」、「山口の不調はカナダ戦の時点で分かってたのに、どうして稲葉監督は見切りをつけないんだ」といった、稲葉篤紀監督への苦言も多数寄せられている。

 「今大会の先発陣を見ると、菅野智之(巨人)、千賀滉大(ソフトバンク)、有原航平(日本ハム)といった主戦級の先発がそれぞれ選出外・辞退となっている上、パ・リーグの最優秀防御率を獲得した山本由伸(オリックス)も、松井裕樹、森原康平(どちらも楽天)の両リリーフが辞退した影響で先発からリリーフに回っています。こうした台所事情を考えると、稲葉監督が山口を見切れないのも致し方ないところでしょう」(野球ライター)

 ツイッター上の予測変換では、名前の後に「失点」や「ゴミ」といったネガティブなワードが表示されるほど、不満をぶつけられている山口。「4回2失点って別に悪くないじゃん」、「先に山口を援護できなかった野手陣にも問題がある」といった擁護の声もあるが、今大会の残り試合で汚名返上の投球を見せることができるだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ