search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 「M-1好きな一派が苦手」古市憲寿のコメントに共感の声?

「M-1好きな一派が苦手」古市憲寿のコメントに共感の声?

pic pic

古市憲寿 Twitterより

 10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、コメンテーターの古市憲寿が『M-1』(テレビ朝日系)について独自の見解を示し、一部から共感の声があがっている。

 番組には、『M-1』優勝のとろサーモンと準優勝の和牛が出演。松本人志、ハイヒール・リンゴらと他局の番組でありながら、裏話などについてトークを繰り広げた。

 その中で、MCの東野幸治が古市に対し、「古市さんは『M-1』のほうはご覧になっていないけども、やっぱり…」と水を向ける。松本が「なんで見―へんねん、古市さん」と少々キレ気味に話しかけると、古市は「『M-1』が好きな一派っているじゃないですか。『M-1』が悪いんじゃなくて『M-1』が好きな人が苦手」とバッサリ。

 続けて、「とろサーモンが10何年前からずっとこうだとか、とろサーモンの後半のスピード感が凄いとか、まるでスポーツを語るように、今回の大会を語っていて、ちょっとついていけないなと思って…」とコメントし、吉本所属が多いスタジオが一瞬凍りつく。

 ここで、松本と同期で仲の良いハイヒール・リンゴが助け舟。「ある種『M-1』ってお笑いの格闘技だと思う。女性が入りにくい」と割り込み、東野が「絶賛でございますけども」と古市の発言をスルー。とろサーモンの「裏話」へと話を移した。

 空気の読めない発言で炎上することが多い古市だが、今回の発言も賛否両論。『M-1』ファンからは「ふざけるな」「お前がおかしいだけだ」と批判があがったが、「なんかわかる」「俺も自称評論家は嫌い」「大会を崇拝しすぎて気持ち悪い」など、賛同の声も多かった。

「『M-1』は引退した島田紳助氏が企画したもので、松本も第1回から関わっている。『M-1』そのものを否定したわけではありませんが、ファンをけなされて、松本しては面白くなかったでしょう。番組では、ハイヒール・リンゴに向かって『大阪が嫌い』とも発言している。それが彼のウリで、そこを松本も気に入ったのだとは思うのですが、流石に今回はやりすぎた感がある。今後、古市が『ワイドナショー』出演NGになる可能性もゼロではないかもしれません。共感の声もあったので、コメントとしては優秀なのでしょうが、やはり、長い物には巻かれないと芸能界で生きていくのは厳しい」(芸能関係者)

 空気の読めない発言がウリの古市だが、少々、やりすぎてしまったのかもしれない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ