競輪人国記 広島(2)

ノンジャンル 2009年07月03日 15時00分

 阿部光宏(11期)は先行で鳴らした。同じプロ選手同士として元広島東洋カープの古葉竹識監督との親交が話題になった。「古田さん兄弟、私の師匠の阿部さんも、地元では3割増しどころか10割増し、1着か9着の勝負をしていました」というのは元支部長の今岡敏彦だ。
 秋田建一(29期)も先行まくりで活躍した。そのころには強力な「広島軍団」はないが、常に動いて穴を出しファンを喜ばせていた。
 特別競輪の優参はないものの佐古雅俊(45期・現徳島)藤井久之(55期)を育てた。また、マーク追い込みでは七竹茂(33期)も競り屋として激しく闘っていた。七竹は徳島の川口武雄さんの門をたたきハードな登り坂トレーニングで力をつけ、格上のマーク屋に一歩も引けを取らないレースぶりを見せた。

 39期にはすごい新人が現れた。「ウルフ」と言われた木村一利(故人)だ。尾崎雅彦(東京)国松利全(岡山)と同期の有望トリオと言われたが、木村は昭和54年の新人王を完全制覇。中野浩一(福岡)井上茂徳(佐賀)の九州勢に激しいライバル意識を持ち、レースでは必ず別ラインで闘った。まさに一匹狼だった。
 特に井上に対するライバル意識は強く「わしはあいつには絶対負けん」と、同じレースに乗ったときはファイト満々で勝負をかけていた。とにかく気性の荒い選手で、インタビューをしても質問には横を向いてコメントが取りづらかった。

ピックアップ
日本アカデミー賞、ジャニーズW受賞の可能性は

日本アカデミー賞、ジャニーズW受賞の可能性は
2019年01月19日 18時20分 [芸能ネタ]

ノンジャンル新着記事

精子を欲しがる女たち 弱みにつけ込む「種付け屋」の実態①
2019年01月19日 23時03分

炎上ゆるキャラ『ちぃたん☆』が市から解任されるも人気はうなぎ上り
2019年01月17日 19時03分

【話題の1冊】 著者インタビュー 志駕晃 スマホを落としただけなのに囚われの殺人鬼 宝島社 650円(本体価格)
2019年01月17日 16時03分

〈目からウロコの健康術〉 1950年までは日本の死因の第1位 古くて新しい感染症「結核」に要注意!!
2019年01月17日 12時03分

箱根駅伝 5連覇逃した青学・原監督に政治家転向説
2019年01月17日 07時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る