search
とじる
トップ > スポーツ > 阪神・金本契約更改のドタバタ!

阪神・金本契約更改のドタバタ!

 キャンプイン前に1億円ダウンの4億5000万円で契約更改した阪神・金本知憲外野手(41)のドタバタ楽屋裏を明かす。

 「越年はただ僕と球団側のスケジュールが合わなかっただけ…。金銭的なことは特に話していない。今年の選手はこういうスタイルで戦っていきたいということは伝えた」。金本はこう強調したが、プロ入り19年目で初の年俸ダウンに鬼の形相だった。この金本の契約更改に関して阪神球団側から異例の説明があったことでも、何かあったことがわかる。

 「金本が一番です」という球団側のコメントは、4年総額20億円の契約をしたと言われる城島健司(前マリナーズ)を意識したものだ。金本は5億5000万円から4億5000万円に大幅ダウンしても、4年連続日本球界最高年俸であることを、わざわざアピールしてみせた。その裏にあるのは、城島の加入で控え捕手に回される矢野、さらには「オレの時は捕手は矢野がいい」と宣言している下柳らチームの中核を占める金本派の存在がある。
 「城島はいくらバリバリのメジャーリーガーかしらんが、いきなり金本さんの年俸を超えるのはおかしいだろう」。阪神の選手間にはこういった城島に対する反発がある。
 去年はケガでほとんど出場できず、大幅減俸された41歳の矢野。代役としてマスクをかぶった狩野は打撃が良くてもリード面は今ひとつ。右の強打者と捕手の補強は阪神の二大ポイントだっただけに、城島の獲得は一石二鳥だ。が、唯一の不安が、金本を上回る可能性のある高年俸だった。昨シーズンの不成績から金本の大幅ダウンは予想されていただけに、実際に城島がいきなり阪神に止まらず、球界ナンバーワン年俸になった時にプライドを傷つけられる金本、その一派のリアクションが心配されていたのだ。

 阪神球団側が「金本の方が城島より年俸は上です」と懸命に釈明したのも、そういうチーム事情があるからだ。が、このフロント首脳の言葉を額面通りに信じる阪神ナインは少ないだろう。本当の年俸を知っているのは、契約交渉に臨んだ城島本人と球団フロントだけだからだ。実際は城島が金本を超えている可能性が大だ。
 一応世間的には金本の体面は保てたわけだが、シーズンに入っての金本、城島の成績次第では、チーム内に新たな波紋が起こるだろう。城島が金本一派を沈黙させるような攻守の働きを見せればいい。が、城島が年俸に見合う活躍をしなければ、金本一派からのバッシングは強まるだろう。
 「城島獲得の効果は、百かゼロだろう。中途半端な50%、60%という数字はない。城島はハッキリっとモノを言う選手だから、吉と出るか凶と出るか。阪神5年ぶりのリーグ優勝の救世主になるか、チームを空中分解させるか、二つに一つだ」。阪神OBはこう断言していたが、金本の契約更改劇で早くもその通りの様相を見せている。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ