search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 江原啓之氏、月旅行を発表のZOZO前澤氏を「企業の宣伝」とバッサリ 日本の実業家に対する猛批判も

江原啓之氏、月旅行を発表のZOZO前澤氏を「企業の宣伝」とバッサリ 日本の実業家に対する猛批判も

pic pic

江原啓之

 19日放送の『5時に夢中』(TOKYOMX)で、スピリチュアリストの江原啓之氏が、2023年以降に開始予定となっている民間月旅行の最初の搭乗客となることが発表された、スタートトゥデイ前澤友作社長をバッサリと斬った。

 前澤社長の月旅行について聞かれた江原啓之氏は、

 「これって要するに企業の宣伝でしょ。本当に宇宙旅行がどうとかじゃなくて、そういったことに行きますという一つの話題性で、宣伝費のために行くんでしょ。そういうことだとすれば結構だと思うし、ご勝手にどうぞご自由にって感じで」

 とバッサリ。

 さらに、MCのふかわりょうから「江原さんはどうですか」と聞かれると、

 「日本の実業家って、西洋に比べてあまりにもチャリティーがないんですよ。こんなことでこれだけお金を使って…」と苦言を呈す。

 そして、「良いと思う」としながらも、「世の中いっぱい貧しい人とかいろんなことがあるんだから、西洋ってバランスよくあるじゃないですか、そういうこととチャリティーっていう。そっちのほうも頑張ってくれるとかっこいいんじゃないかな、なんて期待しちゃうんですけどね」

 と発言する。ふかわが「こっそりやっているかもしれないですけどね」とすると、江原氏は「でも、目立ってやったら宣伝になる。ここまで宣伝したい人なんですもの」とバッサリ。月旅行も結構だが、チャリティーにもお金を使ってほしいと訴えた。

 前澤氏は月旅行の費用についてコメントしておらず、いくらかかっているのかは不明だが、莫大な金額がかかっているのは事実である模様。江原氏の言うように、そのような金を慈善事業などに回してほしいと考えるのも無理はない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ