植物状態にある人間の意思がわかる? 英国研究チームの最新鋭技術とは!?

社会 2010年03月03日 14時00分

 事故で脳を損傷し、植物状態にある患者の脳が、健常者と同様に働いていることが確認された。2月4日付の英有力各紙で報じられたところによると、この研究は英国・ケンブリッジ大学のエードリアン・オーウェン博士を中心とする研究チームによって発表されたものであり、脳の反応により、「Yes」や「No」レベルの意思表示を外部から確認することが可能であるという。

 この研究は、2003年に起こった交通事故で脳を損傷した植物状態のベルギー人男性(29歳)を対象に行われた。「機能的磁気共鳴画像診断装置(fMRI)」という脳スキャナーをセッティングし、意思表示の方法を「Yes」の場合には「飛んできたテニスボールをレシーブする場面」をイメージするように、「No」は「自宅で部屋から違う部屋へ移動している場面」をイメージするように男性に話しかけ、この男性の脳の反応を調査した。

 すると、数々の質問に対して示された被験者の脳の反応パターンは、この実験の前に行われていた健常者の脳が示すパターンと一緒であり、この「Yes=テニスボールを打ち返すイメージ」と「No=自宅で部屋から違う部屋に移動するイメージ」の場合、健常者と同じ反応パターンの画像が記録され、男性の脳が正しく反応していることが確認できたという。

 このように、話したり動いたりできない植物状態にあっても、脳内でイメージを思い浮かべることにより「Yes」「No」の意思を伝えられることがわかった。これは快挙であり、過去3年で植物状態の患者23人に対してこのfMRIを使った実験を行った結果、4人から何らかの反応が確認されたが、この「Yes」「No」のコミュニケーションができたのはこの男性1人だけである。だが、将来に向けて、この方法は意志疎通の手段を失った患者たちのケアや治療に重要な役割を果たすのではないかと期待されている。

(前野クララ 山口敏太郎事務所)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

ピックアップ
復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待

復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待
2018年11月16日 21時30分 [スポーツ]

人気バンドのメンバーたち、結婚・子供も明かせなかった事情は
2018年11月16日 18時20分 [芸能ニュース]

社会新着記事

老舗洋菓子店の倒産で表面化 厳しいスイーツ業界の未来
2018年11月16日 11時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る