「子どもがいなくなったことが何度もある」美人弁護士の告白に“何回も迷子はあり得ない”と批判の声

芸能ニュース 2019年09月26日 18時00分

「子どもがいなくなったことが何度もある」美人弁護士の告白に“何回も迷子はあり得ない”と批判の声画像はイメージです

 26日放送の『ミヤネ屋』(読売テレビ系)に、人気弁護士の三輪記子氏が出演。しかしそこで彼女が発した言葉が、ネットで物議を醸す事態になっている。

 この日の番組では、山梨県道志村のキャンプ場で21日、小学1年生の女児が行方不明になった事件の続報を報じた。警察や消防、自衛隊などこの日捜索に関わったのは263人。ヘリコプターやドローンによる上空からの捜索も行われるなど大規模化しているが、いまだに手がかりはつかめていない。

 スタジオで司会の宮根誠司が「我々大人の考えと(子供の考えが)違うのは、小学校1年生の女の子が道志村の倉庫にいるとして、(迷子で)大変な迷惑をかけているから、一刻も早く出なきゃって思うのと、恥ずかしい(から出られない)とか(考えるのではないか)」と、女児がどこかに隠れたまま出てきていない可能性を指摘する一幕があった。

 これに三輪弁護士も、「言い出せなくて声を上げない可能性はあると思いますし、(子どもは)予測もつかない動きをするじゃないですか」と宮根に同調した。続けて「ウチの子も3歳ですけど、街中でいなくなったことが何回もありますし、けっこう遠くまで行けてしまうんですね」と突然、自身の息子が何度も迷子になった実体験を告白した。

 これを受けてネットでは「『街中でいなくなることが』って堂々と言うことじゃないよ、手繋いどけよ」「(息子が)何回も街中で迷子!?あり得ないんですけど」「何回もあるのは普通ではないね」「子供から目離すなよ」など、三輪弁護士に母親としての資質を問うコメントが相次いだ。

 三輪氏は東京大学法学部出身で2010年から弁護士としての活動を開始。現在は2017年9月に開設した「東京ファミリア法律事務所」で活動するかたわら、松竹芸能にも所属し「美人弁護士」などの肩書きで芸能活動も展開。コメンテーターとして『ミヤネ屋』など多数のワイドショーに出演しているほか、プライベートでは2015年に男児を出産しており母の顔も持つ。

 今回の三輪弁護士による突然の告白は、母親としてルーズすぎると視聴者は感じてしまったようだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る