search
とじる
トップ > トレンド > 「ボジョレー」解禁! 36種類ものワインがズラリ「メルシャン 利き酒会」

「ボジョレー」解禁! 36種類ものワインがズラリ「メルシャン 利き酒会」

 「ボジョレ・ヌーヴォー」の解禁日でもある17日、都内で「メルシャングループ 利き酒会」が開催された。

 毎年、日本国内で大きな話題となっている「ボジョレ・ヌーヴォーの解禁」。世界的には輸入数量のボリュームが縮小傾向にあるが、日本国内の消費数量では徐々に増加しており、2015年の国内消費数量は過去最高数量を記録。また、「ボジョレ・ヌーヴォー」の国内での話題に伴い、日常的にワインの飲用機会も増加している。今では、全体の輸入数量の約5割強を日本が占め、日本は“ボジョレ・ヌーヴォー大国”と言っていいほど、老若男女に愛飲されている。

 「利き酒会」には、「第16回トロフィー・リヨン・ボジョレ・ヌーボー2016」コンクールで金賞を獲得した「アルベール・ビジョー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016」、「アルベール・ビジョー ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーシャトー・ド・ヴァレンヌ2016」、「アルベール・ビジョー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォードメーヌ・ボワ・デ・シェーヌ2016」などを含む36種ものワインが陳列。フランス、日本、チリ、スペイン産など産地も豊富で、個性豊かなワインが提供された。

 「リアルライブ」公式レポーターのアイドルグループ・スプリングChubitの山下春花は、ワインの試飲レポートに挑戦。普段あまりワインを飲まないが、「アルベール・ビジョー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016」を手に取り、まずは香りをチェック。「濃い感じの匂いがする」とコメントし、そして一口飲むと「味が凝縮されていて、分厚い」と堪能した。また、「2016香港IWSC」でトロフィーを受賞した白ワイン「シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド2015」を試飲した際には、「すごい、葡萄の味がする〜!!」とおとぼけ発言も飛び出したが、「フルーティーでスッキリした印象。お酒が得意じゃない人でも、楽しめるワインですね」とレポートした。

 他にも赤白7種類ほどを堪能した山下は、「今まで香りを楽しんだり、舌で転がして飲んでいなかったので、一つ一つがこんなにも違うのかと思ってビックリしました。これからワインを飲むときは、しっかり味わいながら飲んでいきたいです。あと、食べ物や飲む環境によっても味わいが違ってくると思うので、みなさん、自分に合うワインを見つけて欲しい」と感想を述べた。

 年末年始も差し迫り、忘年会や新年会に出席することも多くなると思うが、そのときには是非ともワインを楽しんでみてはいかがだろうか。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ