ジンクスは本当だった?昨年Aクラスの楽天が深刻な不振に

スポーツ 2018年05月08日 17時45分

 昨年パ・リーグ3位でレギュラーシーズンを終え、その後のクライマックスシリーズ(CS)でも健闘を見せた楽天。しかし、そのチームが今シーズン深刻な不振に陥っている。

 2018年シーズン開幕から約1か月、6日の試合を含めて楽天はここまで31試合を消化しているが、この期間に残した成績は7勝23敗1分・勝率.233。シーズンを4分の1消化したこの段階で、早くもパ・リーグ首位の西武に16ゲームもの大差を付けられている。

 ファンを呼び込む絶好のかきいれ時であるはずのゴールデンウィーク(GW)期間も、楽天の低迷した状況は変わらない。今年のGW期間である4月28日〜5月6日にかけて楽天は8試合を戦っているが、この間の星取りは1勝7敗の借金6。期間中に2度首位西武と対戦が組まれるという“不運”もあったとはいえ、これはお世辞にも褒められた成績ではないだろう。

 昨年とは打って変わっての寂しい現状を送る楽天。不振の原因についてネット上では様々な議論が交わされているが、その中の1つに「オープン戦の順位が原因では?」という説がある。

 今年のオープン戦で楽天は16試合を戦い、9勝5敗2分・勝率.643という成績を残している。これは1位の巨人(11勝5敗1分・勝率.688)、2位のロッテ(8勝4敗2分・勝率.667)に次ぐ3位の好成績であり、普通ならば褒められるところだろう。しかし、このオープン戦3位というのがなかなかの“いわくつき”順位であるのだ。

 実は近年、“オープン戦3位のチームはシーズンで好成績を残せない”というジンクスがファンの間でささやかれている。実際に過去10年のオープン戦3位のチームを見ても、Aクラスに入ったのは日本ハム(2011年・2位)、巨人(2014年・1位)、ソフトバンク(2位・2016年)の3チームのみ。その他のチームは全てBクラスに沈んでいることも、これを裏付けるものとなっている。

 ジンクス通りの状況に陥ってしまっている楽天。今後の試合でそれを跳ね返すだけの奮起を見せることはできるだろうか。

ピックアップ
スポーツ新着記事

非業の死を遂げた名力士 「剣晃(小結)」
2018年12月14日 22時03分

レギュラーシーズン終了の台湾ウインターリーグ 日本プロ選抜の“タイトルホルダー”は?
2018年12月14日 17時40分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る