父親にも“被害”が及びそうな神田うのの問題発言騒動

芸能ニュース 2011年04月09日 17時59分

 東日本大震災発生後にネット上で出回った「16年前、阪神淡路大震災で死亡した被害者人数を賭けていた」という噂話に対し、3月23日付のオフィシャルブログで「悪意に満ちた事実無根のつくり話」と否定したタレントの神田うのだが、本サイトの既報通り、女性誌「uno!」(朝日出版社)の97年11月号での落語家・春風亭小朝との対談で“問題発言”していた“証拠”がネット上にアップされてしまった。

 同誌の中でうのは阪神淡路大震災の際「「『ねぇ、うのちゃんは、何人ぐらい死ぬと思う?』なんて、番組のスタッフに誘われて賭けみたいなことをやっちゃったんです。そのことが、すご〜い自分の中に残ってて…」と言い逃れができないほどハッキリ語っていた。
 「この件について、うののブログや所属事務所からの反論はない。おそらく、このまま騒動が収束するまでやり過ごす気なのでは。ネット上ではうのがプロデュースするストッキングやウェディングドレスの不買運動を呼びかける動きが広がり、まだまだ騒動は拡大しそう。今後のうのの仕事への悪影響は避けられない」(広告代理店関係者)

 震災後は日本赤十字社に義援金1000万を寄付したうのだが、それよりも、この問題発言の件がクローズアップされてしまったことにより、今週発売の「週刊朝日」(朝日新聞出版社)では父親がバリバリの“原発官僚”であったことが暴かれてしまったのだ。
 「同誌によると、うのの父親は有名な原発推進派の旧通産省(経産省)のキャリアで、現在の国の原発政策を推し進めた中心人物だっただけに、同誌では今回のうのの義援金は『罪滅ぼしの意識でもあるんじゃないか』とされている。今後、まだ表に出ていない、うのの父親の“不都合な真実”が続々と暴かれ、うのの問題発言の“被害”が及ぶ可能性は避けられない」(週刊誌記者)

 果たしてこの騒動、どこまで拡大し、どんな形で収束するのか今後も注目したい。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る