【放送事故伝説】昭和の人気刑事ドラマに本物の暴力団幹部が出演!?

芸能ネタ 2019年02月02日 21時30分

【放送事故伝説】昭和の人気刑事ドラマに本物の暴力団幹部が出演!?画像はイメージです

 2011年8月の島田紳助さん引退騒動以降、テレビ業界および芸能界では暴力団関係者の締め出しが行われている。しかし、時代がおおらかだった1970年代のテレビ業界。ある人気ドラマが現役の暴力団幹部を役者として起用し、新聞沙汰になったことがある。

 NETテレビ(テレビ朝日)で1961年から1977年まで放送された人気刑事ドラマ番組『特別機動捜査隊』。日本のテレビドラマとしては、初の1時間連続ドラマとしてスタートした本作は、いわば人気警察ドラマ『相棒』(テレビ朝日)の元祖的作品にあたるのだが、1970年4月15日に放送された「赤い破門状」というエピソードに、本物の暴力団員が役者として登場しているのだ。この人物は都内の巨大暴力団の大幹部にあたるAという人物で、1968年にはピストル5丁などを隠し持っていた容疑で逮捕され、出演当時は保釈中の身であった。

 この幹部Aだが、読売新聞の記事によると、『特別機動捜査隊』のプロデューサーが新宿で呑んでいた際、東映系の某有名俳優(誰でも知ってる人です)からの紹介でドラマに出演。Aは極道の世界に入る前は映画俳優を目指しており、「一生に一度でいいからドラマに出てみたい」とプロデューサーに直接掛け合ったのだという。

 さて、この大幹部氏、かつては俳優に憧れていたこともあり、顔は男前で貫禄や身長も十分。さらに、演じた役がヤクザの親分ということもあり、現場では名役者ぶりを発揮。結果、幹部Aは計33個のセリフを感情たっぷりに演じきったほか、ラストシーンでは「いいか。二度とこの世界へ戻ってくるんじゃねえぞ……」と更生したヤクザを励ますシーンもあった。

 ちなみに、「赤い破門状」のテーマは暴力団賛美では決してなく、暴力団員の更生が主なテーマで、シナリオの監修は警視庁協力の元で行われていた。しかし、キャスティングに関してはドラマスタッフが中心となっていたため、本物の暴力団幹部が出演していることは放送後まで知らなかったのだ。

 なお、『特別機動捜査隊』の「赤い破門状」は封印作品となっているわけではなく、衛星放送で放送されている。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

ジャニーズ三度激震 「関ジャニ∞」「NEWS」解散へ②
2019年03月20日 22時03分

上沼恵美子「夫が原因の病=夫源病」のきっかけを語る
2019年03月19日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る