search
とじる
トップ > アイドル > 帰国しても居場所がない? JUMP・岡本、メンバーと微妙な関係だった

帰国しても居場所がない? JUMP・岡本、メンバーと微妙な関係だった

pic pic

画像はイメージです

 先日、ジャニーズ事務所の人気グループ・Hey!Say!JUMPの岡本圭人が、活動を一時休止し、米国の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」のニューヨーク校に留学することが発表されたが、ほかのメンバーとの関係を、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 岡本の留学を報じた各スポーツ紙によると、今年8月でグループでの活動を一時休止。同月中旬に渡米し、9月から2年間、ニューヨークで芝居や音楽を学ぶという。

 岡本から今年3月に留学の申し出があり、他のメンバーも背中を押した結果、先月、同校のオーディションと面接を受けて入学が決定。

 同校は、133年の歴史を誇る米国最古の演劇分野の専門教育機関で、過去には米俳優ロバート・レッドフォードや、女優アン・ハサウェイらを輩出しているという。

 「昨年は紅白に初出場し、今後、さらなるステップアップを目指していたJUMP。現在、宮城県の観光キャンペーンキャラクターという大役を務めているが、特に岡本が稼働しなくても影響はなく、そのことも留学を後押ししたのでは」(芸能記者)

 そこで、気になるのがメンバーとの関係だが、同誌によると、父で元「男闘呼組」の岡本健一は息子の留学が発表された日、JUMPの高木雄也と八乙女光が出演する舞台を観劇。終演後、2人の楽屋を訪れて留学の件を謝罪したという。
 また、かつては仲が良かった山田涼介は、岡本の脇の甘さをたびたび注意したが改善せず。そのため、次第に2人の間に溝ができ、山田は岡本に冷ややかな視線を向けるようになったというのだ。

 「父親まで介入しなければいけないほど、メンバーとの関係が悪かったようだ。やはり帰国してもグループ内に居場所はなさそう」(同)

 留年を繰り返し上智大学を中退した岡本。同誌が岡本が留学する演劇学校に問い合わせたところ、今年の日本人の合格者はたった2人だったという。真面目に通えばそれなりの成果が出そうだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ