『龍馬伝』岩崎弥太郎は主役を食うか

トレンド 2010年10月27日 08時00分

 坂本龍馬暗殺に向けカウントダウンが進行するNHK大河ドラマ『龍馬伝』。坂本龍馬(福山雅治)を都合が悪いと考える勢力が次々と浮かび上がり、龍馬暗殺の黒幕が誰なのか、ミステリー的にも盛り上がっている。その黒幕候補に岩崎弥太郎(香川照之)が急浮上した。

 『龍馬伝』は、弥太郎の視点で龍馬を描く物語である。前半は弥太郎の存在感が圧倒しており、主役を食っていると評されるほどであった。地下浪人として農民からも見下される弥太郎と、上士・郷士の厳しい差別はあるものの、経済的に豊かな龍馬では背負っているものが異なる。弥太郎のインパクトが大きくなることは当然であった。

 しかし、その後の弥太郎は知識・経験・世界観で龍馬に大きく差をつけられた。弥太郎は憎まれ口を叩きながらもツンデレ属性の善人で、そこを龍馬に見抜かれて利用される存在に成り下がった。弥太郎の不運は、龍馬のパートナーとして後藤象二郎(青木崇高)を大人物として描こうとしている点にもある。象二郎を大人物として描くために、ドラマでは周囲にいる弥太郎が霞んでしまう。

 『龍馬伝』は、奸臣として描かれがちな吉田東洋(田中泯)を先見性のある人物として描いたことが斬新であった。東洋は、月形半平太のモデルとして美化されがちな武市半平太が暗殺を指示した人物であり、半平太を美化するためには、東洋を悪人にする必要があった。これに対して、『龍馬伝』は半平太(大森南朋)の腹黒さを直視する。龍馬視点では、半平太はよき友人となるという限界がある。これに対し、弥太郎視点とすることで対立する立場の東洋も公正に評価する。

 ただし、東洋を大人物と描く代償として、東洋存命中は東洋の傍にいた象二郎が小物に描かれていた。これで大政奉還の建白などができるのか一抹の不安があったが、第4部の象二郎はモミアゲも濃くなり、ビジュアル面でも大きく化けた。その象二郎にいいように使われる弥太郎であったが、今回ようやく自分の道を見つけ出す。それは龍馬の理想と対立するものであった。

 史実の弥太郎は台湾出兵や西南戦争など、戦争の利益で三菱財閥の基礎を築いた。その意味で今回の弥太郎の結論にはリアリティがある。登場人物としての弥太郎にも再注目したい。

(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者 林田力)

ピックアップ

“この名前はいただけない”犬好きが怒り 盗撮逮捕の「デビルポメラニアン」…って誰?
2018年04月26日 22時20分 [お笑い]

トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る