名バイプレイヤー・大杉漣さんが急逝 ドラマ・バラエティで活躍

芸能ニュース 2018年02月22日 12時10分

 俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため死去したことを所属事務所が公式ホームページ(HP)で発表した。66歳だった。 同HPでは、「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と公表。葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行うという。

 大杉さんは現在放送中のテレビ東京系ドラマ「バイプレーヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」、日本テレビ系バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」にレギュラー出演していた。

 訃報を受け、「バイプレイヤーズ」で共演し、亡くなる前夜まで一緒に撮影をしていた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研が同日、連名でコメントを発表。

 番組公式サイトで、「余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。『バイプレイヤーズ』という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません」などと追悼した。

 各スポーツ紙によると、大杉さんは20日午後9時ごろまで、千葉・富津市内などで同ドラマの撮影を行った後、松重ら共演者と夕食をとり、宿泊先へ。

 その後、ホテルの自室で激しい腹痛に見舞われたため、共演者らのグループLINEを使って不調を訴えたという。松重がそれに気付き、タクシーで千葉県内の病院に搬送。松重から連絡をもらった遠藤ら他の共演者と、駆けつけた妻が見守る中、21日午前3時53分、そのまま帰らぬ人となったという。

 大杉さんは徳島・小松島市生まれ。明治大学中退後、73年に舞台デビューし、74年からは劇団「転形劇場」の初期メンバーとして活動。88年に転形劇場が解散すると、映像作品に進出。映画「ソナチネ」や「HANA-BI」など、北野武監督作品には欠かせない存在となっていた。心からご冥福を申し上げる。

ピックアップ

ペナントレース中断が決定!プロ野球は東京五輪で地方行脚
2018年09月19日 17時45分 [スポーツ]

芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る