北島三郎、名馬キタサンブラックの“後継馬”を落札? 人気馬になるのは確実か

芸能ニュース 2018年05月23日 22時40分

北島三郎、名馬キタサンブラックの“後継馬”を落札? 人気馬になるのは確実か北島三郎

 JRA歴代1位となる賞金18・7億円を稼いで昨年末に引退した、キタサンブラックのオーナーとして有名な演歌歌手の北島三郎だが、今月11日にキタサンの“後継者”となりそうな2歳馬を競り落としていたことを、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

 各スポーツ紙によると、北島は21日、都内で行われた2月に心不全のため51歳で亡くなった、次男で作曲家の大野誠さんの「お別れの会」を主催。

 会のあいさつで北島は、「2人の息子の1人が欠けてしまい、その寂しさを時の流れが消してくれると思っていたが、時がたつに従って思い出がよみがえってきてしまう」と心境を吐露していた。

 同誌によると、今月11日は誠さんの死去から四十九日を過ぎており、馬主として千葉・船橋競馬場で行われた2歳馬のセリに来場。

 北島は静かに座っていたため、本人だと気付かれなかったというが、競り落とした時に電光掲示板に表示されたのは北島の法人馬主名。

 気になる北島が競り落とした馬だが、キタサンをほうふつとさせる精悍な顔つきをした黒い毛並みの牡馬。

 北島は「アイドル的なスターの要素を持っている」と直感。4200万円で落札したというのだ。

 「今年3月には一部で“黒い交際”を報じられ、馬主資格剝奪の危機とも言われていた北島だが、結局、何のおとがめもなかった。北島の馬がデビューすればキタサンに負けない人気馬になることは確実。それだけに、北島は競馬界にとって欠かせない存在になってしまった」(専門誌記者)

 キタサンはラストレースとなった昨年12月の有馬記念で有終の美を飾り、北島は代表曲「まつり」を熱唱。

 キタサンの“後継者”がデビューして勝ち続ければ、「まつり」を何度も歌うことになりそうだ。

ピックアップ

キャンセル騒動の沢田研二、ファンクラブが会員に緊急ハガキを送付? その狙いは…
2018年10月19日 23時30分 [芸能ニュース]

芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る