海外では次々と完全合法化!大麻ビジネス最前線(4)

社会 週刊実話 2019年08月17日 06時03分

海外では次々と完全合法化!大麻ビジネス最前線(4)提供:週刊実話

★大麻文化を担うのは若手アウトロー

 それではいったい誰が大麻を育て、国内に流通させているのだろうか? 近年、数百株や1000株といった膨大な栽培量で逮捕された事案を見ても、ベトナム人留学生から自称・無職のオジサンまで人種はさまざまだ。

 しかし、その裏では“彼ら”が手を引いているケースが増えているようだ。語ってくれたのはその当事者で、半グレ集団のリーダーを務める萩原健二(仮名・41歳)さんである。

 「正直な話、僕らを含めた若手アウトロー的な人種の9割は大麻愛好家です。普段は吸わない人間でも、仲間うちでジョイント(紙巻きタバコ状にした大麻)が回ってくれば一服しますし、ごく当たり前のものとして日常に溶け込んでいますね。特に、地下格闘技団体を運営しているグループには、そのチーム名に大麻を表す隠語をつける例さえ増えており、栽培や流通も含めて、地元の大麻文化を完全に担っているのが通例。地元県警は何してるんだって感じですけどね(笑)」

 彼らの場合、マンションの一室や一軒家などをまるまる改装した“栽培工場”のほかに、バーや道場などのアジトがあるのがお約束。

 その中で、夜な夜な大麻パーティーが開催されているのは想像するまでもなく、彼らの結束を固めるのに一役買っているようだ。

 「今どき大麻を持っていないと、キャバ嬢をアフターにも誘えませんからね。テーマパークやフェスには必需品ですし、すでに若者文化にはなくてはならないものなんですよ。それに『大麻はゲートウェイ・ドラッグ(よりハードな薬物使用のきっかけとなる意)になる』なんてよく言われますが、僕たち世代からすればまるで逆。大麻愛好家はナチュラル(自然由来のドラッグ)にしか手を出さず、どこの(半グレ)グループでも、覚醒剤や脱法ハーブをやる者は破門扱いです」

 そんな彼らの最新トレンドは大麻リキッド。大麻を液状化させて電子タバコで吸う摂取方法であり、THC(幻覚)成分が濃縮されているため、極めて効き目が強い。

 おまけに職質に遭っても警察官の目をごまかせることもあり、今後の流行は間違いないという。

ピックアップ
社会新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る