ももクロ結成10周年 ここからが正念場

芸能ネタ 2018年05月27日 12時00分

ももクロ結成10周年 ここからが正念場ももいろクローバーZ

 ももいろクローバーZが今年、結成10周年を迎えた。大物女優やモデルを多数抱える大手芸能プロダクション・スターダストが初めて手掛けた本格的な女性アイドルグループ。2008年5月17日が初お目見えだったため、今月が記念月間となる。それを祝して22&23両日に、初の東京ドームライブを実施。23日には、脱退した女優・早見あかりが在籍期の6人、芸能界を引退した有安杏果がいた5人体制時代の音声を集めた初のベストアルバム『桃も十、番茶も出花』をリリースした。

 メモリアルイヤーは、下半期においても怒濤のラインナップが控える。読売ジャイアンツ、東京スカイツリーとのコラボ、8月から5か月連続で新曲が配信、8月にスタジアムライブ(8月4&5両日/千葉・ZOZOマリンスタジアム)ほか。9月24日に幕が上がる主演ミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』(千葉・舞浜アンフィシアター)では、4人体制後初の本格的舞台に挑むことが、東京ドーム公演(23日)で発表された。

 歌とダンスを武器にしたアイドルとしてはもちろん、バラエティやコントにも全力投球、女優としての歩みも止めない4人。めざすは、SMAP(解散)や嵐のような老若男女から支持されるスーパーマルチタレントだが、メンバー全員がそろうレギュラー番組は現在、『ももクロChan』(テレビ朝日系)の1本だけだ。

 同番組はももクロ人気が爆発する6人体制のころに、ネット配信でスタートしたとあって、信頼と実績は抜群。制作陣営がももクロと友好関係を築き、視聴率よりも全力で楽しむことを主眼としているため、暴言もあり、芸人さながらのムチャぶりもあり、上から目線もある。ももクロは、逆境を着火剤にして進化を遂げてきたアイドル。その本質を見抜いているスタッフは、彼女たちの素をあぶり出すことによって、奇想天外の笑いを何度も量産してきた。

 人気コーナーはたくさん生まれた。「大喜料理」では、有安が放送コードギリギリではないかと思えるようなグロテスクな珍料理を仕上げてきた。食べ歩き企画の「こってりパトロール」では、どんなに満腹でも決して表情に出さない佐々木彩夏がプロアイドルぶりを貫いている。「ペンタゴンダービー」では、リーダーの百田夏菜子の残念な知識量が丸裸にさらされた。「ぶらり高城れに」では、高城れにが自分がカメラに映る時間が長いことを素人のように喜んでいる。ももクロのスーパーサブ的役割を担っている玉井詩織は、随所で博学な一面を見せつつ、司会業もこなす。

 火曜深夜2時21分スタートというコアな時間帯に、エロや下ネタといったアダルト要素を排除、暴露というスキャンダルもゼロのまま、放送5周年を突破したのは、ある意味奇跡。彼女たちの根底に流れる芸人気質と、深夜枠という適温のまさかの合致。選択の6人が奇跡の5人となり、未来を創る4人となった今のももクロを知るには、脱力系笑いも必要不可欠なのだ。

ピックアップ

キャンセル騒動の沢田研二、ファンクラブが会員に緊急ハガキを送付? その狙いは…
2018年10月19日 23時30分 [芸能ニュース]

芸能ネタ新着記事

『news zero』視聴率“爆死”原因は有働アナではない?
2018年10月19日 22時03分

水卜麻美 “ビジネスぽっちゃり”に怒りの極小ビキニ怪気炎
2018年10月19日 21時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る