歩きスマホは危険! 死亡事故も…

社会 2014年05月09日 11時45分

 歩きながら、また自転車に乗りながら、携帯電話、スマートフォン(多機能携帯電話)を操作して、事故に遭い、救急搬送された人が年々増加していることが、東京消防庁の調べで分かった。

 その人数は10年が23人、11年が29人、12年が34人、13年が36人で、13年は10年の約1.6倍。

 過去4年間で、救急搬送された人員を年齢別にみると、40代が30人で最多。20代が28人、30代が23人、50代が13人、10代と60代が各12人、70代が2人、9歳以下と80代が各1人。

 事故種別では、「ぶつかる」が51人(41.8%)で最も多く、「転ぶ」が38人(31.1%)、「落ちる」が30人(24.6%)、「その他」が3人(2.5%)。

 救急搬送直後の初診時程度は、「軽症」が102人(83.6%)と8割を超えたが、「中等症」が16人(13.1%)、「重症」が3人(2.5%)、「重篤」が1人(0.8%)いた。

 場所別では、「道路・交通施設」が98人(80.3%)と最も多く、そのうちの30人が駅。他は、「店舗・遊戯施設等」「会社・公共施設等」が各7人(各5.7%)、「住宅等居住場所」が6人(4.9%)、「その他」が4人(3.4%)。

 発生時の動作別では、「操作しながら」が40人(32.8%)、「画面を見ながら」が30人(24.6%)、「通話しながら」が25人(20.5%)、「電話を取ろうとして・見ようとして」が14人(11.5%)、「使用しながら」が8人(6.6%)、「その他」が5人(4.1%)。

 なかには、13年10月、板橋区で、歩きながら携帯電話を見ていた男性(47)が、そのまま踏切内に進入し、電車にはねられ死亡した事故や、10歳の男児が駅のホームで携帯電話を操作しながら歩行中、線路上へ誤って転落し重傷を負ったケースもある。

 歩行中や自転車で走行中の携帯電話、スマホの使用はとても危険で、他の歩行者にケガを負わせる恐れもある。東京消防長では、そういった行為をやめるよう、呼び掛けている。
(蔵元英二)

ピックアップ

“バナナマン日村の嫁”神田愛花、意外にも「筋の通ったコメント」で好感度一気に上昇
2018年11月19日 21時30分 [芸能ニュース]

社会新着記事

百田尚樹『日本国紀』が「矛盾」「コピペ」騒動で大炎上?
2018年11月19日 19時03分

森永卓郎の「経済“千夜一夜"物語」亡国の外国人受け入れ
2018年11月19日 18時03分

田中角栄「名勝負物語」 第二番 福田赳夫(9)
2018年11月19日 06時03分

女教師“秘密のアルバイト”発覚のきっかけは意外にも…
2018年11月18日 21時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る