『アリアドネの弾丸』第6話、悪役ポジションを固めた高橋克典

トレンド 2011年08月22日 11時45分

 フジテレビ系ドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』の第6話「完全犯罪のメロディー」が8月16日に放送された。初回から怪しさを漂わせていた斑鳩芳正・警察庁長官官房情報統括室室長(高橋克典)の悪役ポジションが強固になった。
 今回は田口公平(伊藤淳史)と白鳥圭輔(仲村トオル)のバチスタコンビの調査によって、北山錠一郎・警察庁刑事局審議官(尾美としのり)死亡事件の謎が次々と解明される。殺害方法についての警察説明の誤りも明らかになる。

 よくあるドラマでは主人公達が何かに気付いたところでラストにし、謎解きを次回に持っていくが、今回は謎の説明まで行っている。トリックの謎解きで引っ張らない代わりに、社会的背景を持った人間模様の描写に力を入れている。
 その『アリアドネの弾丸』の現時点での最大の悪役的存在が斑鳩である。警察を正義の立場に保つために警察による情報独占を維持したい斑鳩にとって、警察でなくても死因を究明できるAiセンターは都合が悪い。そのためにAiセンター潰しを画策する。但し、ドラマの序盤では、存在感の強さが空回りしてドラマとしっくりいってなかった面があった。

 斑鳩は主人公サイドと相容れない存在であることは明白である。警察の情報独占を是とする姿勢は、死因を究明するという主人公サイドの価値観と対立する。警察の非を認めない姿勢は市民社会の価値観とも対立し、まさに悪役にふさわしい。
 ところが、この斑鳩は悪役という位置付けでは収まらない存在感を放っていた。斑鳩を演じる高橋克典は『サラリーマン金太郎』で人間的魅力のあるヒーローを演じ、『特命係長・只野仁』ではダークヒーローを演じた。斑鳩にも悪役的な怪しさだけでなく、ヒーロー的な爽やかさもあり、視聴者の認識を混乱させる。

 それでも今回は一段と悪役らしくなった。それは白鳥の過去を暴いて沈黙させるような切れ者の斑鳩にも稚拙さが出てきたことに負っている。斑鳩の北山審議官殺人事件の捜査方針に対し、宇佐見壮一(福士誠治)・警察庁刑事局特命広域捜査官は反感を隠そうとせず、独自に情報収集を開始する。
 斑鳩に深謀遠慮があるとしても、上下関係が絶対的な警察組織において二回りも下の宇佐見を従わせられないことは斑鳩の器の小ささを示すものである。しかも斑鳩は宇佐見の言い争いを白鳥に立ち聞きされ、「仲間割れですか」とからかわれた。
 さらに斑鳩は軟禁した島津吾郎(安田顕)に対し、「Aiによって何も発見できなかった」との嘘の情報を伝えて、自白を誘導しようとする。ドラマの中では斑鳩の試みは成功しているが、視聴者は斑鳩が嘘によって自白を誘導したことを知っている。それが容疑者を心理的に追いつめて自白を誘導する警察の手口であることも認識している。自白を誘導する陳腐で卑怯な手口を使ったことは、斑鳩の存在も陳腐にする。
 宇佐見に離反され、白鳥に一本取られ、陳腐な自白誘導を行うダメさ加減が斑鳩の悪役としてのポジションを強固にした。ヒーローとは異なる高橋の演技に注目である。

(林田力)

ピックアップ

“この名前はいただけない”犬好きが怒り 盗撮逮捕の「デビルポメラニアン」…って誰?
2018年04月26日 22時20分 [お笑い]

トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る