『偽装不倫』最終回、ハッピーエンドなのに“モヤモヤ”?「不倫を美談でまとめないで」視聴者から不満

芸能ニュース 2019年09月12日 16時00分

『偽装不倫』最終回、ハッピーエンドなのに“モヤモヤ”?「不倫を美談でまとめないで」視聴者から不満

 水曜ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の最終回第10話が11日に放送され、平均視聴率が12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。前回の9.7%からは2.7ポイントのアップ。自己最高視聴率を記録した。

 最終回は、丈(宮沢氷魚)が手術の後遺症で自身を忘れてしまったことに傷つく鐘子(杏)が描かれた。鐘子は灯里(MEGUMI)の店に通い、二人の思い出を丈に話すも、丈はそっけない態度。一方、賢治(谷原章介)は葉子(仲間由紀恵)に、「風太(瀬戸利樹)と決着をつける」と言い始め――というストーリーになっていた。

 しかし、最終回放送後、視聴者からはある不満の声が集まっていたという。

「実は、記憶障害は丈の嘘。実際には、後遺症で右目が見えにくくなっており、カメラマンを続けられるか分からなくなり、鐘子を幸せにする自信がないという想いから嘘をついて、目の前から消えようとしていましたが、それに気が付いた鐘子が『そんなの関係ない。私の幸せは私が決める』と丈に想いを伝え、二人はとうとう無事結ばれることになりましたが、視聴者からは、『鐘子が嘘さえつかなければ1話で終わってた話』『これ、1話と最終回だけでも完結する話だよね』といった声が殺到。お互いの嘘をやめて、素直になってハッピーエンドという単純過ぎる終わり方に、視聴者は不満を抱いたようです」(芸能ライター)

 また、葉子の行動にも疑問の声が集まった。

「風太と決闘した賢治ですが、葉子が見守る中、賢治は何度も風太に挑戦するも、結局ノックダウン。負けを認め、離婚を快諾しました。葉子と賢治は家を出て、葉子はカバンひとつで風太の元へ。こちらもようやく本当に結ばれることとなりましたが、視聴者からは『今どき不倫を美談っぽくまとめるって…』『不倫しといて普通に仲良く同棲ですか。ありえない』という反発が殺到。仮にも恋愛ドラマで、なかなか結ばれずにいたカップルが、2組ハッピーエンドを迎えたのにも関わらず、女性視聴者からの共感はまったく得られず。『全然キュンとこない』『ここまでキュンキュンしない恋愛ドラマも珍しいわ』という呆れ声まで聞かれてしまいました」(同)

“偽装不倫”という変わったテーマが描かれた本作だが、女性視聴者には全くというほど刺さらなかったようだ――。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る