元Jリーガーが教え子の腕を蹴り骨折させ逮捕

社会 2013年04月18日 11時45分

 岐阜県警各務ヶ原署は4月11日、少年サッカーの指導中に生徒を蹴って、全治3カ月の重傷を負わせたとして、Jリーグ・ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)の元選手で、少年サッカーチーム「FCアルマ大垣」監督の西脇良平容疑者(33=同県大垣市)を傷害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は4日午後0時半頃、同県各務原市の陸上競技場敷地内で、同チームに所属する中学2年の男子生徒(13)を蹴り、両腕尺骨を折る重傷を負わせた疑い。同署によると「指導の一環だった」と容疑を認めている。

 同署によると、同日は合宿の最終日で、午前と午後に試合が組まれていた。生徒は午前の試合に出場した後、休憩中に暴行を受けた。生徒はケガをおして、午後の試合にも出場した。

 生徒は同日夜に、大垣市の自宅に帰宅後、両親に報告。病院で診察を受けたところ、両腕尺骨骨折で、全治3カ月の重傷と判明。生徒も了承の上、両親が同署に被害届を提出した。

 合宿には約20人が参加し、一部の生徒が暴行を目撃していた。同署によると、西脇容疑者は、その後の調べに、「口で言って分からない時は手を上げることも必要。その中で選手は強くなると考えていた」と供述。他の生徒に対しても日常的に体罰を行っていたことが判明した。

 西脇容疑者はジェフユナイテッド市原のユース出身で、98年に上部チームに昇格。99年にはU-20日本代表に選出された。00年まで市原でプレーした後、02年にはドイツのSVヴァッカー・ブルクハウゼンに移籍。同年7月にはJ2のモンテディオ山形でプレー。その後は静岡FC、FC岐阜に所属。ポジションはフォワードでJ1通算12試合に出場し、2得点を挙げている。

 06年3月にFCアルマ大垣を設立し、09年6月の全日本少年サッカーの県大会では、チームを優勝に導いた。
(蔵元英二)

ピックアップ
社会新着記事

田中角栄「怒涛の戦後史」(14)名補佐役・後藤田正晴(下)
2019年12月16日 06時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る