DeNA、ネフタリ・ソトが本領発揮で2冠王! 気温と共に調子も上昇中

スポーツ 2019年08月08日 17時30分

DeNA、ネフタリ・ソトが本領発揮で2冠王! 気温と共に調子も上昇中ネフタリ・ソト

 昨年のホームラン王、ネフタリ・ソト。107試合出場で41本とハイペースでホームランを量産し、打率も.310と確実性も持ち合わせた。今年は複数年契約を結び、開幕からフル回転の活躍が期待されていたが、4月は11本塁打とホームランは出るものの打率は思うように上がない状態が続いていた。しかも5月10日には自打球を当ててしまい、さらに状況は悪化。スタメン落ちも経験し5月は打率.257、ホームラン8本、続く6月は打率.188、ホームラン4本。“2年目のジンクス”、“複数年契約の初年度は働かない”の定説が、ソトにも当てはまってしまうのかとの失望感があった。

 しかし、7月に入ると打率は.326と上昇。ホームランは4本だったものの、オールスター後の打率は一時、3割後半をマークすると、得点圏打率は9割を超える驚異的な数字を残し、確実にソトのバットでチームをも上昇気流に乗せていった。

 8月3日の横浜スタジアムで放った28号ホームランは、照明灯よりも高い44メートルまで上がってレフトスタンドへ着弾した。7月4日の同じく横浜スタジアムでの25号は、17度の角度しかつかないながらも、178.1キロの打球速度での弾丸ライナーで左中間に叩き込んだ。8月7日のマツダスタジアムでの29号は右中間に運ぶなど、右に左にバックスクリーンにとバラエティーに富んだホームランが打てることもストロングポイントであろう。

 個人成績でもホームラン29本は、ジャイアンツ・坂本勇人と並んでトップで、打点は77で単独トップとなっており、現在2冠王に君臨している。昨年は8月に11本、9月に10本と驚異のペースでホームランを打ち続けたソト。南米プエルトリコ出身だけに、気温が上がるとともに自らの調子も上がっていく兆候にあるのは間違いない。

 昨年はホセ・ロペスや筒香嘉智などの主力に怪我人が続出しながらも、CS進出争いが出来たのは、投手陣の踏ん張りと、ソトの打棒によるところが大きかった。今年は打線の奮起で勝利する試合も増えてきただけに、ソトが昨年同様の破壊力を見せつけることが出来るならば、悲願のリーグ優勝がグッと近づいてくる。

取材・文・写真 / 萩原孝弘

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る