売れっ子お笑い芸人の相方は超金持ちVIPマン

お笑い 2017年02月22日 12時15分

売れっ子お笑い芸人の相方は超金持ちVIPマン

 お笑いコンビには必ずといっていいほど、格差が生じる。テレビ出演がすべてではないにしろ、コンビ間のメディア露出が違っていくのは、致し方ないことだ。たとえば、男女コンビのフォーリンラブ。女性のバービー、男性のハジメでは、歴然とした差が生まれている。ハジメは圧倒的劣勢だと思われるが、実は、生活はそれほど困窮していない。その理由は、実家。規格外の金持ちなのだ。

 14年に2歳年上の一般女性と結婚したハジメだが、父はデザイン会社の社長。実家は父が設計したもので、1階と2階の間に中2階があり、下を見渡しながら酒を飲めるバーカウンターがある。さらに、シアタールームまで完備している。まさに、トレンディドラマに出てくるほどのおしゃれ空間だ。

 母から溺愛されて、甘やかされて育ったため、上京後4年間は、毎月20万円の仕送りをもらっていた。ひとり住まいのマンションの家具もすべて、母が買い揃えた。ハジメが仕事から帰宅すると、テレビが最新薄型テレビに変わっていたこともある。

 ハジメは典型的な、親のスネかじり芸人。しかし、雨上がり決死隊・宮迫博之の“元相方”は、自力で金持ちのビジネスマンに成り上がったパターンだ。その相方とは、恵藤憲二さん。AAA・伊藤千晃とデキ婚した、あの男性だ。元相方といっても、大阪NSC(吉本総合芸能学院)在学期。プロと認められていない時期、宮迫と「ぴいぷる」というコンビ芸人だった。

 恵藤さんは、“元よしもと芸人”でいちばんの成功者ではないかと思われるほど、ファッション業界でその名をとどろかせている。服飾会社・MARK STYLERを立ち上げ、「転職成功者」としてたびたびメディアに登場している。

 そもそもは、親の借金を理由に、芸人の道をあきらめた。ラーメン店の経営をきっかけに、ビジネス界に進出した。その後、並行輸入、キャバクラ業界に手を伸ばし、およそ10年で全国100店舗の巨大チェーンにしてみせ、年商は300億円を超えた。“日本一のキャバクラ王”という称号と莫大な資金を手にして、ファッション事業を展開。05年から、女性をターゲットにしたブランドを拡充していき、14年には売上高370億円超えを達成。このファッションイベントを通じて伊藤と出会い、交際・結婚に発展した。

 売れっ子芸人の相方のほうがゴージャスな生活を送っているのは、なんとも皮肉。人生の成功は、それぞれということか…。

ピックアップ
お笑い新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る