TOKIO長瀬、キンキの2人、V6井ノ原が4人でデビューする計画があった?

芸能ネタ 2019年07月06日 18時00分

TOKIO長瀬、キンキの2人、V6井ノ原が4人でデビューする計画があった?画像はイメージです

 ジャニーズ事務所唯一のデュオといえば、KinKi Kidsだ。関西ジャニーズJr.発の第一号である堂本光一&堂本剛。この2人がいなければ、関ジャニ∞、ジャニーズWESTのメジャーデビューもなかっただけに、輝かしい実績は称賛されてしかるべきだ。

 2人は、97年のデビュー前から連ドラの主演を何度も務め、社会現象と呼ばれた作品に数多く出演。同世代Jr.の中では群を抜いて、人気・知名度が高かった。直の師匠は、解散したSMAP。入所直後からおよそ2年にわたってバックダンサーを務めている。

 「KinKi Kidsを名乗る前は、ほんの少しの間、違う名前で活動していました。SMAPが92年に『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に出演した際、『KANZAI BOYA』(カンサイボーヤ)と紹介されているからです。KinKiになったのは、その翌93年4月。『キスした?SMAP』(朝日放送ほか)で紹介されて以来、今の形で落ち着きました」(女性週刊誌の芸能記者)

 KANZAI BOYAからKinKi Kidsに移行するわずかな間、4人組の「ジパング」というユニットが生まれている。ほかの2人は、V6・井ノ原快彦とTOKIO・長瀬智也だ。ジャニー喜多川社長は、関西(KANZAI)出身の4人組で歌手デビューまで持って行きたかったようだ。しかし、剛&光一があっという間に人気者になったため、4人組は幻と化した。井ノ原が東京都、長瀬が神奈川県出身だったのも、取りやめた理由だ。

 そんなジャニー氏お得意の思いつきプランに弄ばれたのは、長瀬だ。長瀬はJr.時代、仕事では井ノ原とステージの立ち位置がシンメになることが多く、プライベートでは剛&光一と遊ぶ仲だった。剛はファンの子から、「ジパングで歌手デビュー」という噂を聞かされたこともあった。

 しかし、ふたを開けてみれば、奈良県出身の剛と兵庫県出身の光一が、近畿の冠を有してメキメキ頭角を現した。長瀬と井ノ原はハシゴを外された格好。KinKiと親友だった長瀬は、「もうオレはこの2人とは一緒にやらないんだぁ」と肩を落としたという。

 結果的に、CDデビューはTOKIOが94年、V6が95年、Kinkiが97年で、剛&光一がいちばん遅い。今では、TOKIOから山口達也さんが脱退して4人になり、音楽活動は休止中だが、3グループはジャニーズタレントのまま。すでにキャリア20年を超えており、ベテランの域に達している。ジパングは発展的解消を遂げて正解だったのだ。

(伊藤由華)

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

朝ドラ女優・永野芽郁“金髪にイメチェン”も「透明感ゼロ」と酷評
2019年09月20日 22時03分

出版界が総出でオファーをかける“キンプリ”平野紫耀の魅力
2019年09月20日 12時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る