search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 押切もえ、2作目小説が山本周五郎賞候補に、ラジオ番組で気持ちを語る

押切もえ、2作目小説が山本周五郎賞候補に、ラジオ番組で気持ちを語る

 押切もえの2作目の小説「永遠とは違う一日」(新潮社)が21日、山本周五郎賞にノミネートされたことを受け、押切もえがパーソナリティを務める文化放送『押切もえのDOKIDOKI DISCOVERY』の4月24日(日)の生放送で、押切もえが自ら、リスナーに喜びを報告、さらに番組からもノミネート作品をリスナーにプレゼントすることがわかった。

 番組は、毎週日曜日の午後1時00分から3時00分までの2時間、押切もえが生放送でトークを繰り広げているワイド番組。

 4月24日(日)の放送は、ノミネート後初めてのオンエアとなるため、番組オープニングで押切もえ本人がリスナーに報告、今の気持ちを語る。押切もえが生の声で語るのはこの番組が初めてとなる。また番組から、これを記念して、ノミネート作品「永遠とは違う一日」をリスナー10名にプレゼントすることも決定した。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ