search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 破局報道についてこのまま“貝”になりそうな長谷川博己と鈴木京香

破局報道についてこのまま“貝”になりそうな長谷川博己と鈴木京香

pic pic

鈴木京香

 先日一部で俳優の長谷川博己との破局が報じられた、女優の鈴木京香が20日、都内で行われたNHK連続ドラマ「モンローが死んだ日」(来年1月6日スタート、BSプレミアム)の試写会に出席したことを、各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、作家・小池真理子さんの同名小説が原作の同ドラマ。人生の秋を迎えようとする鏡子(京香)と、精神科医・高橋(草刈正雄)が繰り広げる、大人の恋愛心理サスペンスが描かれるという。

 鈴木は「鏡子役をやれたことは、デビュー30年目の今年、幸運で幸いなこと」と笑顔を浮かべ、「原作の良いところをドラマにできたと手応えを感じております」。

 草刈は京香について「もともと大ファンだった」と明かし、「相手役が京香さんでこんなに楽しい現場はなかった。幸せいっぱいです」と語ったという。

 鈴木は長谷川との破局報道について、報道陣の問いかけには無言を貫いたという。

 鈴木と長谷川は10年に放送された鈴木主演の連続ドラマ「セカンドバージン」(NHK総合)と、翌年公開の同ドラマの劇場版での共演をきっかけに交際に発展。

 ゴールイン目前と言われていた時期もあったが、一部報道によると、鈴木は最近になって長谷川に別れを告げたようで、友人に「私、もう彼を育てきったでしょ?」と周囲に話していたのだとか。一流俳優として長谷川が巣立ったことで鈴木は結婚をあきらめたようだという。

 「子供のことなど、いろいろ深い話を2人の間で交わしていたようだが、結婚しないという結論に達した。納得済みの破局なので、他人にあれこれ話す気はなさそう。破局に関しては2人とも“貝”になりそうだ」(芸能記者)

 揉めて破局したわけではないだけに、今後、2人の共演もあり?

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ