search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(11/10京都・11/10東京)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(11/10京都・11/10東京)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(11/10京都・11/10東京)

【今週デビューの注目馬】
☆ロードシャムロック
 2019年11月10日(日)京都第5R芝1800m戦に出走予定のロードシャムロック。馬名の由来は「冠名+植物名」。牡、鹿毛、2017年3月2日生。栗東・中内田充正厩舎。父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット、母父Hard Spun。生産は新ひだか町・ケイアイファーム、馬主はロードホースクラブ。愛馬会法人・ロードサラブレッドオーナーズの募集馬で総額5400万円。全兄には18年京阪杯(GIII)や19年シルクロードS(GIII)、キーンランドC(GIII)を勝ち、スプリンターズS(GI)で3着に入ったダノンスマッシュ(父ロードカナロア)がいる。本馬は母系の血が強く出たのか、胴伸びが良く兄よりも距離が持ちそうなタイプ。筋肉は父ロードカナロア譲りの上質な筋肉がしっかりと付いており、特に頸差しから胸前、肩にかけては非常に逞しく、2歳馬離れしたものがある。追い切りの動きを見る限り、まだ上手く体を使い切れていない印象を受けるが、跳びが大きくバランスの良い走りで将来性を感じさせる。距離は2000m前後が良さそうだ。なお、鞍上は川田将雅騎手。

☆エルメーム
 2019年11月10日(日)東京第5R芝1600m戦に出走予定のエルメーム。馬名の由来は「彼女自身(仏)」。牝、鹿毛、2017年5月5日生。美浦・高木登厩舎。父ブラックタイド、母エールドクラージュ、母父シンボリクリスエス。生産は日高町・ヴェルサイユファーム、馬主はラ・メール。半姉には17,18年ターコイズS(GIII)を連覇するなど、重賞4勝を挙げたミスパンテール(父ダイワメジャー)がいる。本馬は頸を上手く使ったリズミカルなフットワークをしており、バランスが良い走りのため道悪馬場も問題なくこなせそう。距離はマイルあたりが良さそうで、切れよりも長く良い脚を使うタイプだろう。なお、鞍上は大野拓弥騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ