search
とじる
トップ > アイドル > マッチがタッキーに“追放”されそう? ネックとなる高額な報酬源とは

マッチがタッキーに“追放”されそう? ネックとなる高額な報酬源とは

pic pic

画像はイメージです

 7月9日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため死去した、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の家族葬が同12日、都内で行われたが、霊柩(れいきゅう)車の助手席に遺影を抱えて乗り込んだのは、関連会社・ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長だった。

 「通常であれば、助手席には親族が乗り込むもの。姉の藤島メリー泰子副社長か、次期社長で姪の藤島ジュリー景子副社長が乗り込むかと思われていました。ジャニーズは各メディアに対して、葬儀の場所に取材に来ないように要請。しかし、万が一どこかのメディアが来ていて、写真を撮られたらマズイと思い、メリー氏とジュリー氏を乗せず。となると、所属タレントの“長男”にあたるマッチこと近藤真彦が妥当な人選ですが、滝沢氏が乗り込んだのには驚きました」(芸能記者)

 滝沢氏は今年に入って、新会社の社長に就任。ジャニーズJr.のグループを続々と売り出し会社に貢献。経営権はメリー氏とジュリー氏が握っているが、演出やプロデュースなどを手掛け、ジャニーズさんの“後継者”としての役割を存分に果たしている。

 「メリー氏も高齢なのでそろそろ勇退するのではと言われている。となると、ジュリー氏と滝沢氏の対立構造が明確化。滝沢氏は大胆な改革を手掛けることになるだろう」(テレビ局関係者)

 その改革でネックになりそうなのが、近藤の存在だという。

 「メリー氏は近藤にとって母親代わり。その後ろ盾をいいことに、ろくに仕事をしないで、監督を務めるレーシングチームの監督業に力を注いでいる。会社からは役員待遇で高額な報酬ももらっているが、“タッキー改革”により、その報酬もカットされ、さらには“追放”されるのではと言われている」(同)

 マッチの地位はいつまでも安泰ではないようだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→