search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 吉田羊『まだ結婚できない男』好演のウラで囁かれる“隠されたクセ”の秘密

吉田羊『まだ結婚できない男』好演のウラで囁かれる“隠されたクセ”の秘密

pic pic

提供:週刊実話

 ――某月某日、午前5時。東京・新宿の歌舞伎町。カラオケ店が入っているビルから5〜6人の“お供”を引き連れて美人女優が出てきた。
「ああ〜歌った歌った〜」

 まだ夜が明けきらない空に向かって手を広げ、大きく伸びをする。

 すると、近くのゴミ集積場で残飯を食していたカラスが“カー、カー”。つられて、女優も「カーッ、カーッ」とやって、「私、ウマ〜い」――
「これ、ある日の吉田羊の酒仙日記です。焼酎から始まって、3〜4軒ハシゴして、最後はカラオケが、彼女の得意のパターン。郷土(福岡県)の先輩、小柳ルミ子の『お久しぶりね』などを歌わせたら天下一品です」(テレビ局関係者)

 そんな吉田は、11月22日公開のディズニー映画『アナと雪の女王2』の日本版声優に起用され、めでたく“アナ雪ファミリー”入り。
「エルサ(松たか子)とアナ(神田沙也加)姉妹の母・イドゥナを演じています。1作目でイドゥナは船の事故で命を落としたと語られており、今作の回想シーンで初登場します」(アニメ関係者)

 作品の大ファンである吉田は、オーディションでの起用で合格通知を受けたとき、「ウソッ!?」と驚いて大喜びしたという。

 すでにアフレコ収録を終えており、幼い娘たちに子守歌を歌うシーンにも挑んだ。
「予告映像で声が流れているものの、誰にも気付かれていないといい、解禁後も“吉田羊の声には聞こえないね”と言われたら大成功と本人は話しているようです」(芸能ライター)

 実は声優挑戦にあたって、ある不安があったという。
「彼女、巻き舌ができないんです。もし今回、巻き舌が必要なシーンがあったらどうしようかと不安でいっぱいだったようです」(芸能関係者)

 吉田はまた、今クールの連ドラ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)に弁護士役で出演しているが、巻き舌が必要となるシーンはない模様。
「プライベートでは、3年ほど前に発覚した『Hey!Say!JUMP』中島裕翔との“自宅マンション7連泊”以来、スキャンダルはありません。楽しみは“初めてのスナック巡り”というのですから寂しい限り。“Fカップのロケット乳”が泣いています」(芸能リポーター)

 意外に、ベッドの中では“巻き舌”口撃が得意だったりして。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ