敵地の方が多い?現行のプロ野球における“優勝決定地”

スポーツ 2018年09月27日 17時15分

 広島・マツダスタジアムで26日に行われた広島対ヤクルトの一戦。優勝マジックを「1」としてこの試合を迎えた広島は、10‐0でヤクルトに大勝。球団史上初となる、セ・リーグ3連覇の偉業を達成した。

 23日のDeNA戦に勝利しマジック「1」とするも、その後は2連敗で足踏みが続いていた広島。マジック対象チームのヤクルトを直接破り、“3度目の正直”で優勝を果たしたことで、ようやく1つの山を越えたと言っていいだろう。

 ところで、今回の広島の優勝は、27年ぶりの本拠地優勝でもある。晴れの優勝を地元で飾りたいというのは、どのチームも同じ気持ちだろうが、これまでの両リーグの優勝球団は本拠地と敵地、一体どちらで優勝を決めているのだろうか。12球団が現行の陣容になった2005年以降を対象に確認していきたい。

 2005年から昨年までに、本拠地で優勝が決まったのは10回(セ6回・パ4回)。つまり、今回の広島はセでは7回目、全体では11回目ということになる。ちなみに、2009年の日本ハム及びに2013年の巨人は、本拠地での試合中にマジック対象チームが敗れたことにより、試合終了を待たずして優勝が決まっている(どちらも試合は勝利)。

 一方、敵地で優勝が決まったのは14回(セ6回・パ8回)で、意外にも本拠地優勝より多い。中でも西武ドーム(メットライフドーム)の回数は多く、8回中4回は同球場で優勝が決まっている。今シーズンの西武は今現在パ・リーグ首位に立っているが、このまま優勝を果たし近年の鬱憤を大いに晴らしたいところだろう。

 なお、今回の対象期間内には、試合の無い日に優勝が決まっているケースも2回ある。それは2010年の中日と2012年の日本ハムで、前者は阪神が広島に、後者は西武がロッテに敗れたことによりそれぞれ優勝が決定している。

 以上が、2005年から昨年までの優勝決定地である。最後に補足だが、中日の本拠地であるナゴヤドーム、オリックスの本拠地である京セラドーム大阪では、どのチームの優勝も決まってはいない。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る