『ストロベリーナイト』、視聴率が遂に5%台 原作者は絶賛も視聴者から集中した“不満”は…

芸能ニュース 2019年05月31日 18時00分

『ストロベリーナイト』、視聴率が遂に5%台 原作者は絶賛も視聴者から集中した“不満”は…二階堂ふみ

 木曜ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の第8話が30日に放送され、平均視聴率が5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第7話の6.2%からは1.0ポイントのダウンとなり、自己最低視聴率を2話連続で更新してしまった。

 第8話は前回に引き続き、原作で『インビジブルレイン』と題されたエピソードが描かれた。姫川(二階堂ふみ)がある暴力団員の殺害事件を追っている途中、正体を知らずに暴力団の会長・牧田(山本耕史)と出会い惹かれ合ってしまうというストーリー。しかし、事件の犯人として牧田が浮上してしまい――という展開だった。

 「放送後、原作者の誉田哲也氏はツイッターを更新し、『少しずつ距離を縮めていく、玲子と牧田。これ、本当に難しかったと思うんです。もう、丁寧に丁寧にやっていくしかなかったと思うんですけど、見事にやりきってくださいましたね』『車のシーンもよかったけど、柳井の基地前でのやり取りも、よかったなぁ』とコメント。二階堂と山本の演技についても絶賛していました。視聴者からも、山本の演技力への評価も多く集まっており、『山本耕史の牧田は前作超えたかもしれない』『山本耕史の牧田が見れたっていうことがサーガの最大の功績』という声が殺到。『牧田ロス』という言葉まで聞かれています」(ドラマライター)

 しかし、一方ではストーリーの分かりにくさに苦言が集まっているという。

 「ただでさえ、ストーリーがややこしい本エピソードですが、ラストは誰が誰を殺したのか解明されないまま、唐突に牧田の子分が姫川を刺そうとし、牧田がそれを庇って刺されて突然終了。これに視聴者からは『前作観てないとわからないこと多くない?』『これで終わりなの…?全然意味が分からなかった』と混乱の声が聞かれてしまいました。作品ファンからは、これまで『薄っぺらい』と指摘され続けた本作ですが、初見の視聴者からは『付いていけない』『なにがどうなってるのか分からない』という不評を生んでしまったようです」(同)

 人間関係の描き方も「薄い」と指摘されている本作。演技が絶賛されていただけに、残念な結果となってしまったようだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る