search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 小倉智昭「残念でならない」笠井アナの病状を『とくダネ!』で報告 19日に本人がスタジオで説明

小倉智昭「残念でならない」笠井アナの病状を『とくダネ!』で報告 19日に本人がスタジオで説明

pic pic

笠井信輔アナウンサー

 元フジテレビの笠井信輔アナウンサーが“血液のがん”とも言われる悪性リンパ腫であることが判明。フリーアナウンサーとしてこれからという時期に起きた出来事に、全国から心配と励ましの声が寄せられている。

 そんな中、18日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、MCの小倉智昭から笠井アナについての報告があった。それによると、笠井アナは「(フジテレビを)辞める時に、重い荷物を運んだりするときに腰が若干痛かった」という。しかも、仕事をしているうちに体重も減ってきたのだとか。

 さらに、笠井アナは以前から排尿困難を患っていたことから、前立腺肥大を疑い検査したところ、腰に影があることが発覚。精密検査で悪性リンパ腫であることが分かったという。

 また小倉によれば、笠井アナは向こう4か月は抗がん剤治療などで入院。その後2か月は自宅療養となるようで、復帰は早くても来年の6月になる見込みだという。

 「小倉にとって笠井アナは、信頼を寄せる後輩の一人でしょう。この9月まで20年間『とくダネ!』出演してきた彼と、時には意見を戦わせることもありましたが、笠井アナからフリー転身を相談された際にプッシュしたのも、そんな彼の明るいキャラクターを理解していたからこそ。フジテレビを退社後、笠井アナは小倉の所属する芸能事務所に在籍しています」(芸能ライター)

 小倉はそんな彼について「なんでまた、1万人に一人がかかるような悪性リンパ腫にかかってしまったのか残念でならない」と悔しそうに語っていたが、SNS上では「そんな大病してるなんて…」「信じられない」といった声とともに、同じよう悪性リンパ腫を患ったものの、抗がん剤治療と放射線治療によって、現在は健診のみで過ごしていたり、仕事もほとんど従来通りに出来るようになったというユーザーの体験談も多く寄せられている。

 笠井アナは明日19日、『とくダネ!』に来て病状など説明するという。フリー転身後はバラエティ番組や講演活動で忙しい日々を送り、いつも仕事のことばかり考えていたという笠井アナ。どんなコメントをするのか注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ