search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 酒井法子、恩人の親族に訴えられた? 軌道に乗り始めた矢先の“金銭トラブル”

酒井法子、恩人の親族に訴えられた? 軌道に乗り始めた矢先の“金銭トラブル”

pic pic

酒井法子

 歌手で女優の酒井法子が、自身をバックアップしていた故人である都内の建設会社会長の親族から金銭トラブルで訴えられていたことを、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 酒井は09年8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6か月執行猶予3年の判決を受けたものの、現在は芸能活動をこなしている。

 そんな酒井をバックアップし続けていたのが故人の会長。もともと酒井の継母の40年来の知人で、酒井にとっては10代の頃から世話になっていた「育ての親」のような存在だった。

 同誌によると、6年前に故人が肝臓がんで亡くなった後、長男が会社を継いで社長に就任。

 父親の死後も酒井と良好な関係を続けていると思われていたが、金銭トラブルで酒井を提訴。原告はその会社で被告は酒井になっているという。

 第1回弁論は、先月20日、東京地裁で行われた。裁判の記録は酒井が「世間に知られたくない」として、非公開にされているのだとか。

 この記事を受けた一部スポーツ紙によると、酒井は現在、同社ビルの一室を借りて長男とともに住んでいるが、会社側に立ち退きを求められたものの、急な要請に対応できずにいたところ訴えられたというのだ。

 酒井は事件後、同社ビルの一室を新たな自宅として提供してもらい、賃貸借契約を結ぶなどしていたという。

 「まだテレビには出れないものの、仕事はそれなりに軌道に乗っている。長男は中学受験し、学費の安い中高一貫の学校に合格するなど親孝行。家族での生活も安泰かと思われていた中の、まさかの金銭トラブルだったのでは」(芸能記者)

 なぜ、酒井が訴えられるに至ったかが気になるところだが、裁判所がどのような判決を下すのかが注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ