search
とじる
トップ > 芸能ニュース > あかね夫人がオメデタの劇団ひとりに、あるオメデタくない噂が…

あかね夫人がオメデタの劇団ひとりに、あるオメデタくない噂が…

 当代きっての売れっ子芸人・劇団ひとりの妻・大沢あかねが第1子を妊娠した。2日にマスコミ各社に宛てたFAXで夫妻は、

 「お陰さまで劇団ふたりを旗揚げして一年が経ち、ついに我が劇団に待望であった子役が仲間入りしそうです。記念すべき初舞台は9月中旬を予定しており、無事に劇団三人となり幸せな公演ができることを待ち望んでおります」

 と、独特の表現で喜びのコメント。どこから見ても順風満帆そのものなこの新婚カップルだが、気にかかる夫のアノ噂だけは、まだ完全に解消されたわけではない。

 そう、芸能界に都市伝説的に流布される、劇団ひとりのゲイ疑惑である。

 これまでに新宿二丁目界隈で、数多くのゲイボーイたちから劇団ひとり目撃談が、リアルライブ取材班のもとに報告されてきた。界隈情報によると、ひとりは“一人”で二丁目クルージングがお好みとのこと。性行為やディープキッスなどといった激しい噂は聞かれないものの、お気に(?)のゲイボーイと仲睦まじく話し込む様子が、何度も目撃されている。

 「省吾ちゃん(ひとりの本名)? ウチにもよく来るわよ。あの子売れっ子なんだからさ、一度ドンペリでもキープしてみろって言ってるのに、飲むのはいつも眞露ばっかりなの。もう空気読め〜ってカンジじゃない? それにあの子、酔っぱらうと気持ちが高ぶって勝手に泣き出すのよ〜。あのウソ泣き芸は、アタシたちの店で磨かれたんじゃないかしら(笑)」(二丁目某店のママ)

 やはりひとりの二丁目好きはガチのようである。しかも以前にTVの収録中、芸人仲間から二丁目通いをツッコまれた際、あのハスキーボイスで「やめろーーーーーッ!!」と大絶叫、その場で号泣し始めたというから、疑惑はますます真っ黒といえよう。

 そして独身時代のひとりといえば、かつて中谷美紀との恋が噂されたことがあった。ところが彼女が、これまた2丁目界隈ではレズ疑惑を囁かれ続けたいわくつきの女性。ゲイとビアンの仮面カップルなのか!? …と、一部で噂されていた。

 今回のあかね夫人の妊娠で、よからぬ噂を払拭できたと、ひとり自身は大喜びだろう。しかし真の性癖を隠しながらも結婚、そして子作りにも成功したゲイの著名人といえば、戦後を代表する文豪M・Yや、数々の名作で重厚な演技を見せた大御所俳優H・Mなど、枚挙に暇がない。あかね夫人のお腹に仕込まれた“一粒種”が、もし真の愛情の賜物でないとすれば…、彼女はどんな気持ちになるだろうか。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ