AKB48 本当に深刻なのは高橋みなみの後継者問題

芸能ニュース 2012年11月04日 11時59分

AKB48 本当に深刻なのは高橋みなみの後継者問題

 渡辺麻友か、松井珠理奈か、はたまた島崎遥香か…絶対的エース前田敦子が卒業したことで、次期エースは誰になるのか注目が集まるが、実は、“後継者”という問題に関してもっと深刻な問題なのが、300人近いAKB48グループのメンバーをまとめあげる総監督・高橋みなみの後継者だ。

 そもそも、AKB48には、明確にグループ全体のリーダーというポジションはなかった。そんな中、チームAのキャプテンであり、一期生でもある高橋みなみが自然とグループのリーダーとしての仕事を担当するようになり、8月の東京ドームコンサートで、はじめて総監督として明確にリーダーとしてのポジションが与えられた。高橋はコンサート前の総勢300人近くが集まる円陣の掛け声を担当。さらに、ひとりひとりのメンバーの顔色で、心理状態を理解するほど観察力にもすぐれ、テレビ番組などで、「へこんでいる時に、何も言っていないのに、たかみなさんが気づいてくれた」と語るメンバーも少なくない。

 そんな高橋も将来はソロの歌手になるという明確な目標を持っている。いずれは卒業を決意する日が来るだろう。ただ、実際の後継者を考えると難しい。あるテレビ番組で興味深いシーンがあった。「もし生まれ変わるなら、どの先輩?」との質問に後輩メンバーが答える企画で、高橋に対しては、「大人数をまとめるのは私には無理」「いつもみんなのために頑張っていてスゴイ。自分にはできない」との意見が多く出た。総勢300人近いメンバーをまとめる高橋みなみの仕事を自分がするなんて、とても考えられないということのようだ。

 「高橋の仕事は、総監督として注目されることもあるが、他のメンバーの面倒も見る必要もある。さらに、その反動で嫌われることも少なくないでしょう。尊敬はされるが、損することも多いポジションであることは間違いない」(アイドルライター)

 高橋本人は、ラジオ番組で、自身が卒業した際の後釜として、横山由依と山本彩(NMB48)の名前を挙げたが、二人とも高橋とは年齢がさほど変わらず、高橋よりも先に卒業する可能性も十分に考えられる。もっと若いメンバーでの候補として、松井珠理奈の名前が挙がることもあるが、エース候補でもある彼女が高橋みなみの仕事まで兼ねることになれば、大きな負担になることは間違いなく、現実的ではない。

 「エースは運営側のゴリ推しで、エースのような存在を作ることはできるが、リーダーはメンバーみんなが認めなければ成り立たないポジション。意図的に作ることはできない」(アイドルライター)

 果たして、高橋みなみ以上のリーダーシップを持ったメンバーは現れるのか。将来のAKB48を考える上で非常に難しい問題だ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る