ある意味縁起がいい順位?シーズンで意外な健闘を見せるオープン戦11位

スポーツ 2019年03月20日 11時40分

ある意味縁起がいい順位?シーズンで意外な健闘を見せるオープン戦11位画像はイメージです

 24日の最終日まで、早いもので残り4日となったプロ野球オープン戦。同日に予定されている6試合が終われば、いよいよセ・パ同時開幕(29日)が目前となる。

 あくまで調整の場との位置づけながら、試合ごとに順位表が更新され続けてもいるオープン戦。最下位、3位といった順位に関しては、その後のシーズンで苦しむという結果になる例も複数存在することから、しばしばメディアで話題になることも多い。

 一方、これらの順位の中には、他にも意外な結果をもたらしている順位がある。それは、最下位に次ぐ順位である11位。普通ならばシーズンでも苦しい戦いを強いられそうなところだが、過去10年の該当チームの成績は必ずしもその限りではない。

 過去10年間において、該当チームがシーズンBクラスに沈んだのは2011年(ロッテ/6位)、2012年(広島/4位)、2013年(オリックス/5位)、2016年(オリックス/6位)の4回。そのイメージとは裏腹に、“順当に”苦戦を強いられた例は半分以下となっている。

 一方、2009年(中日/2位)、2010年(阪神/2位)、2014年(阪神/2位)、2015年(巨人/2位)は、いずれのチームも堂々のAクラス入りを果たしている。また、2014年の阪神は、クライマックスシリーズを勝ち抜き日本シリーズまで駒を進めた。

 さらに、2017年(広島/1位)、2018年(広島/1位)に関しては、ご存知の通り、リーグ優勝を成し遂げてもいる。ここまで来ると「意外」という言葉よりは、「なぜ?」という言葉の方がよく当てはまりそうだ。

 ちなみに、過去10年間の最下位チームはその全てがBクラスに沈んでおり、その内、2010年(横浜)、2011年(横浜)、2014年(ヤクルト)、2016年(中日)、2018年(阪神)はシーズンでもあえなく最下位に沈んでいる。

 順位が1つ違うだけで、縁起のいい順位となっているオープン戦11位。かの森脇浩司氏(元オリックス監督)は自らの著書で「微差は大差」という言葉を用いているが、今回の内容に関しても同じようなことが言えるのかもしれない。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る