高須院長が実状暴露? ツッコミどころも楽しめた『ブラックペアン』、現クール最大ヒット作に

芸能ニュース 2018年06月25日 23時00分

高須院長が実状暴露? ツッコミどころも楽しめた『ブラックペアン』、現クール最大ヒット作に画像はイメージです

 TBS系日曜ドラマ『ブラックペアン』の最終回10話が24日放送され、平均視聴率が18.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。春クールのドラマ最大のヒット作となった本作。毎話ネットからも多くの感想が寄せられていた。

 『ブラックペアン』は孤高の天才外科医・渡海征司郎(二宮和也)を中心に、大学病院での最先端医療の正体、最新医療機器の裏に隠された思惑などが描かれたストーリー。最終話ではある患者の体内に残されたペアンを巡る意外な真実が展開された。

 当初、日本臨床薬理学会が加藤綾子演じる治験コーディネーターのあり方を巡ってTBSに抗議文を送付するなど、ネガティブな面で話題に。実際のストーリーも、手術室で患者が危険な状態にあるにも関わらず、医師同士で喧嘩、病院内の外科医のほとんどがひとりの患者のために時間を割くなど、実際の医療現場では考えられないような場面も描かれており、ネット上でもツッコミの嵐。「こんな病院は嫌だシリーズか?」「喧嘩はいいから早く患者治して!」「この病院には患者は一人しかいないのか?」といった声が聞かれていた。

 最終回も、止血のために患者の体内にカーボン製のペアンをわざと残す、といった場面などあり、高須クリニック院長・高須克弥氏は『ブラックペアン』最終回放映後にツイッターを更新し、「ブラックペアン終了。全編見たぜ。突っ込みどころ満載」とツイート。さらに、高須氏はファンからの要望に応える形で、「『カーボンで作ったペアンはレントゲン写真に映らないから体内に残してもばれない』発想はユニーク レントゲンで発見できないほうが危ないだろ?」「現実にはあんな大講堂での検討会や理事長選挙はありません。リアルさがない。外科医は辛い恵まれない職業ですよ」「ペアンで止血できたなら速やかに結紮してペアンを取ればいいのです。たいして時間はかかりません」と矛盾点を指摘していた。しかし、高須氏自身、『ブラックペアン』は楽しんで観ていたようで、「楽しめた なう」「ドラマなんだからあれでOKだと思います。患者さんが医者に憧れて尊敬してくれたら嬉しいです」ともつづっている。

 キャストの演技力もさることながら、ツッコミどころ満載のストーリーそのものが視聴者に愛された、エンタメ感満載だった本作。最終回を終えた今、ドラマファンからは「ブラックペアンロス」の声のほか、続編を望む声も上がっている。

記事内の引用について
高須克弥公式ツイッターより https://twitter.com/katsuyatakasu

ピックアップ
BTSの楽曲制作中止で韓国進出戦略が狂い始めた秋元康氏

BTSの楽曲制作中止で韓国進出戦略が狂い始めた秋元康氏
2018年09月24日 23時00分 [芸能ニュース]

“職業病”を抱え極秘通院していた中居正広

“職業病”を抱え極秘通院していた中居正広
2018年09月24日 18時30分 [アイドル]

芸能ニュース新着記事

波田陽区のネットCMが話題! 気になる現在の活動は
2018年09月24日 12時40分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る