【放送事故伝説】名作ドラマ放送中にホラー映画が流れる! TBSとフジテレビが混線?

芸能ネタ 2018年06月01日 23時20分

【放送事故伝説】名作ドラマ放送中にホラー映画が流れる! TBSとフジテレビが混線?水谷豊

 TBSと大映テレビの共同制作によるドラマシリーズ『赤いシリーズ』(1974〜1980年)の一つに『赤い激流』(1977年)があった。宇津井健・水谷豊のダブル主演が話題となり、平均視聴率25.5%、最高視聴率37.2%を記録するシリーズ随一のヒット作となった。

 『赤い激流』は放映開始から1ヶ月後、世にも珍しい放送事故に遭っている。

 1977年7月1日、この日の『赤い激流』は第5話「きかせてよ愛の曲を」(監督:瀬川昌治)を放送。この回は水谷豊演じる主人公が警察に逮捕されるという重要な回だったが、ドラマの冒頭、いきなり放送キー局であるTBSで放送が中断する事故が発生したのだ。

 『赤い激流』はしばらく画面が真っ黒になり、さらに他局であるフジテレビの番組が混じって流れる放送事故に発展した。

 しかも、このときフジテレビが放送していた番組は『ロザリー 残酷な美少女』(監督:ジャック・スターレット)というサスペンス・ホラー映画だった。『赤い激流』を見ようと思っていた東京の視聴者が、裏番組のホラー映画を観る事態に陥ったのだ。

 『赤い激流』はすでに平均視聴率が20%を超えていた。TBSには一時、視聴者からのクレーム電話が殺到しTBS全体がてんやわんやになったという。

 幸い、フジテレビの「混入」はすぐに収まったが、中断と再開を繰り返す事故そのものは約20分間、断続的に続いた。『赤い激流』第5話は、およそ半分はロクに放送することができなかった。事故の原因は不明だが、電波障害の一種だとされている。読売新聞は「TV画面 混入の怪」という見出しで奇妙な放送事故を報じている。

 なお、余談ではあるが『赤い激流』は放送開始当初から視聴率が20%を超えていた。最終回直前の数話は30%超えを連発。20%を切った回は、放送事故の発生した第5話(18.9%)が唯一だった。それでも18%を記録したのはさすがの人気というほかない。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

ピックアップ

広島出身・吉川晃司の“顔を出さないボランティア”が話題 思い出されるあの芸人の行動力
2018年08月16日 23時00分 [芸能ニュース]

伝説のバンド復活、転売グッズの価格高騰で問題に “神対応”に称賛集まるも、後を絶たない「転売ヤー」
2018年08月16日 22時00分 [芸能ニュース]

芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る